ドクターKの憂鬱 Vol.13

「どんな手を使っても彼を奪い取る」32歳の女医が、理想の相手を繋ぎ止めるため使った最終手段

“ドクターK”と呼ばれる男は、ある失恋をきっかけに、憂鬱な日々を過ごしていた。

彼はかつて、医者という社会的地位も良い家柄も、すべてを忘れて恋に溺れた。

恵まれた男を未だに憂鬱にさせる、叶わなかった恋とは一体―?

◆これまでのあらすじ

見合い相手の加那と食事したことが愛子に知れてしまった。同時に影山自身も愛子に抱いていた疑惑を口にしてしまう。

▶︎前回:
「その結婚、誰が祝福するの?」将来を意識せず、8歳差の女性と付き合う医師が直面した厳しい現実


予期せぬ連絡


1ヶ月前に名古屋への異動が決まり、引っ越しはすでに来週末に迫っていた。

朝からずっと資料や本を段ボール箱に詰める作業に取り掛かっているが、僕の几帳面な性格が災いし、なかなか進まない。

愛子さんが片付けを手伝うと言ってくれたが、彼女のせっかくの休みをそんなことに使わせるのも......


【ドクターKの憂鬱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo