ドクターKの憂鬱 Vol.6

「もう一度、真剣に恋愛してみたい」離婚調停中の人妻に芽生えた、恋心と躊躇い

”ドクターK”と呼ばれる男は、ある失恋をきっかけに、憂鬱な日々を過ごしていた。

彼はかつて、医者という社会的地位も良い家柄も、すべてを忘れて恋に溺れた。

恵まれた男を未だに憂鬱にさせる、叶わなかった恋とは一体―?

◆これまでのあらすじ

愛子への思いを断ち切るために、親の勧める見合いを受けることにした影山は関西へ向かう。だが、東京に戻る新幹線内で彼女にばったり出会ってしまい…。

▶前回:人妻に翻弄され、失恋した大病院の御曹司。彼が見合いをした意外な相手は?


最後に1度だけ会って話したいと言った僕の希望で、愛子さんと一緒に品川駅のカフェにいた。

彼女への想いを断ち切るために見合いをしてみたが、やはり気持ちは変わらないことを正直に伝えた。

すると、愛子さんは僕に話しておきたいことがあると言う。

「それって、今聞いてもいい?......


【ドクターKの憂鬱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo