Wakiyaメン Vol.1

Wakiyaメン:きっかけは、高嶺の花との恋。担々麺さえも恋愛ツールにしてしまう男たち

担々麺と、男の恋愛。

一見、何の繋がりもないこの2つだが、ある男たちにとっては違った。

彼らは、恋愛ツールとして、ネットで買ったWakiyaの担々麺を使う。

女性のタイプを真剣に分析し、3種の味を使い分ける。

彼らは真剣に恋をして、真剣に担々麺を作る。

馬鹿らしくも憎めない、Wakiyaの担々麺を駆使して東京恋愛市場を闊歩する、3人のWakiyaメン。その雄姿をお届けしよう。


突然、高嶺の花と付き合いだした、その意外な理由


「オレ、美優と付き合うことになったから」

オサムからの突然の報告に、准一と雅紀は目を見開いた。

「あの美優ちゃんと?!おい、いつの間に。まさかお前、この前のアレからか?」

勘のいい准一がすぐに思い当たり問い質すと、オサムは照れた表情で「まあな」と言ってこくりと頷いた。

「やっぱりなー!」
「めでたいな、この野郎!」

准一と雅紀が口々に祝福の言葉を述べる。オサムが美優のこと気に入っていたのは、2人ともよく知っている。

「あんな可愛い子、高嶺の花だからオレには無理だよ」

そう言っていたオサムが、見事彼女を射止めたと聞いて、准一と雅紀は自分のことのように喜んだのだった。

オサム、准一、雅紀の3人は、高校からの同級生だ。3人とも大学入学に合わせて仙台から上京してきて、28歳になった今もこうして集まる仲だ。

今日は、オサムに呼ばれて3人で外苑前の『楽記』に集まった。ワインはヴァン・ナチュールしか飲まない雅紀に合わせて、オサムが選んだ店だ。

「でもさ、なんか急じゃない?美優ちゃんって、別にオサムのことを好きそうな素振りは見せてなかったよな?」

准一が、雅紀に同意を求めるように言った。

「だよな。オレも超意外。あの時、オサムと美優ちゃん以外のオレらって全員寝てたんだろ?その時、何があったんだよ?」

訝しげな目を向けてくる雅紀に、オサムは口に含んでいたチャーシューをゴクリと飲み込み、ゆっくりと口を開いた。

「それがどうも、アレが効いたみたいなんだよ」

オサムは口に手をあて、得意気な表情でそう言った。

【Wakiyaメン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo