ドクターKの憂鬱 Vol.12

「その結婚、誰が祝福するの?」将来を意識せず、8歳差の女性と付き合う医師が直面した厳しい現実

“ドクターK”と呼ばれる男は、ある失恋をきっかけに、憂鬱な日々を過ごしていた。

彼はかつて、医者という社会的地位も良い家柄も、すべてを忘れて恋に溺れた。

恵まれた男を未だに憂鬱にさせる、叶わなかった恋とは一体―?

◆これまでのあらすじ

見合い相手の加那と食事したことが愛子に知れてしまった。同時に影山自身も愛子に抱いていた疑惑を口にしてしまう。

▶︎前回:「信じてもらえてなかったなんて…」42歳の女をどん底に突き落とした、8歳下のパートナーの発言

突然の辞令


僕が愛子さんを怒らせてしまって数日間。

電話に出てくれず、ショートメールにも返信がなく、どうしたものかと僕は途方にくれていた。

だが、ふと思い立って深夜にかけた電話に、「久しぶり」とまるで何事もなかったかのように愛子さんが出たとき、僕は相当慌てていたと思う。

「私は......


【ドクターKの憂鬱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo