リアル働きマン葉子!黒革の編集手帳 written by 内埜さくら Vol.8

リアル働きマン葉子!甲斐甲斐しく手料理を並べた先に、昨夜の女の痕跡が……

前回までのあらすじ

食雑誌である『月刊東京ウォーキング』の編集者・高嶋葉子(35)は、この道10年目の中堅、未婚、彼氏アリ。

年下彼氏である橘 京太郎(28)は、「誠実」が服を着て歩いているような男。会社の後輩である倉田紗耶香に押し切られるかたちではあったが、家に連れて帰ってきてしまった。

と、そこへ葉子が訪ねてくる。インターホンのチャイムが鳴り響くなか、紗耶香にキスをされてしまう

 翌朝。

紗耶香が洗面所で顔を洗う水音を聞きながら、京太郎はコーヒーを淹れていた。特に好きでも嫌いでもなかったが毎朝飲むようになったのは、葉子の影響だった。いまドリップしているのも、「朝、一緒に飲もう」と、葉子が買ってきてくれた品だ。

(昨日、チャイムを鳴らしたのが葉子だとし......


【リアル働きマン葉子!黒革の編集手帳 written by 内埜さくら】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo