バッド・ダディ Vol.7

「コーヒーでも飲んでく?」付き合っていない女を家に呼ぶ男の本音とは

自由気ままなバツイチ独身生活を楽しんでいた滝口(38)。

しかし、離婚した妻との間にできた小6の娘・エレンを引き取ることになり、生活が一変……。

これは東京に住む男が、男としての「第二の人生」を見つめ直す奮闘記である―。

◆これまでのあらすじ

同じひとり親であるママ友が手料理を差し入れてくれるようになった。だが、あまりにも頻繁な差し入れに、滝口は悩み始めて…。

▶前回:「どちらの大学ご出身?」ママ友からの質問。笑顔の裏に隠された恐ろしい意図とは


Vol.7 バツイチ男を助ける伝説の家政婦現れる


水曜17時。

そろそろ会社を出ようと、滝口が帰り支度をしていると、スマホが震えた。

『沙織:滝口さん、ハンバーグが美味しくできたので、マンションのコンシェルジュに預けておきますね』

ママ友、沙織からのLINEだ。

『滝口:ありがとうございます』と返信した後、滝口はじっと考え込んだ。

― 2日前も夕飯差し入れてくれたんだけどなぁ。

ここ2週間で、6回ほど沙織から夕飯の差し入れがあった。

最初は「厚意」だと思って、ありがたく受け取とっていた。

そして先日、お礼にと『ラデュレ』のマカロンを渡した。その時の沙織とのやりとりが、なんとなく滝口の中で引っ掛かっている。

「お好きな食べ物ってあります?」

「いえ、好き嫌いないんですよね。いただいた食事は、いつも娘と美味しくいただいています」

「嬉しい!じゃ、また何か作って持っていきますね」

「ありがとうございます。でも、無理のない範囲で」と答えた滝口。だが、ふと思ったのだ。

― もしかして「厚意」じゃなくて「好意」?いや、まさかね。

子ども同士が同じ小学校で、家もご近所、お互いひとり親という状況も同じ。

本当なら、子育てで困ったことをいろいろ相談し、助け合えるはずなのだが、滝口は違和感を感じていた。

お互いが忙しい時に“協力し合う”というのは、ありうる話だ。

だが、滝口は沙織のために、協力できることは何もない。一方的に世話を焼かれているだけ。沙織の意図はなんだろう?と考えてしまう。

― ま、ハンバーグはエレンが大好きだし、ありがたくもらっておくか。

スマホをジャケットの胸ポケットにしまうと、滝口は席を立った。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
ミカ子さんいい!
沙織はヤバい。「迷惑でないなら何の問題もないですよね、私がやりたくてやってるんで」とか、下心ありありの親切押し売りはキモいだけ。
2022/06/18 05:3899+返信4件
No Name
やっぱり! 経験豊富な家政婦さんに頼むのが1番いいですよね。
ただ、エレンはミカ子さんに懐かない気はします。
2022/06/18 05:3577返信7件
No Name
ミカ子さんいいね!!

沙織はあからさますぎだよ。
まぁ、子供たちにも滝口さんにも隠すつもりないのかもしれないけど。
部屋見回すとか品もないし。
2022/06/18 05:3048返信1件
No Name
沙織やり過ぎ。運良くミカ子さん見つけたのなら、ミカ子さんに頑張ってもらいましょう。
2022/06/18 05:2935
No Name
こういう変な下心ありそうな人からの手料理怖くて食べられないわ…なんか入ってそう
2022/06/18 06:3027返信2件
もっと見る ( 48 件 )

【バッド・ダディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo