こんな僕のファム・ファタル Vol.6

「2軒目とホテルの予約も完璧…」憧れの美女をモノにしようと臨んだ決死のデートで男を襲った悲劇

「女は所詮、金やステイタスでしか男を見ていない」

ハイステータスな独身男で、女性に対する考え方をこじらせる者は多い。

誰も自分の内面は見てくれないと決めつけ、近づいてくる女性を見下しては「俺に釣り合う女はいない」と虚勢を張る。

そんなアラフォーこじらせ男が、ついに婚活を開始。

彼のひねくれた価値観ごと愛してくれる“運命の女性”は現れるのか―?

◆これまでのあらすじ

経営者の明人はマイと婚活アプリで出会うが、彼女は自分より高学歴の経営者であることが判明する。

自身に好意を寄せているマイに戸惑いながらも、明人の心は10年ぶりに再会した美女・恭香へ向かっており…。

▶前回:食事会で意中の人が美女とイイ感じに…。彼を取られたくないあまり、女が皆にばらした彼との秘密


Vol.6 高嶺の花


― そういえば恭香ちゃん、誕生日近いんだよな。プレゼントはどうするか…。

朝9時の新宿。

明人は『ベーカリー沢村』のイートインで朝食のクロワッサンを堪能し、腹ごなしに新宿御苑にあるクライアントの元へ歩いて向かっていたところ、ふとそのことに気がつき足を止めた。

そこは新宿通りに面したとあるビルの前。ターコイズブルーが印象的なブランドの路面店がある場所だ。

実は明人は、かねてから、愛する人ができたらそのブランドのジュエリーを贈ろうと心に決めていた。

少年期を過ごしたバブル時代。おしゃれな大人たちはみな水色の紙袋を手にしており、美しい女性の胸にはそのブランドのネックレスが輝いていた。

愛する女性には、自分が選んだ品物を着けていてほしい―。

支配欲、といったらそうなのかもしれないが、それは漠然とした憧れだった。

明人は彼女の喜ぶ顔と、オープンハートが光る胸元を想像する。

しかし、例の夜におやすみLINEを送って以来、恭香からの返信はない。

2週間も経っているのに…一体どうしたんだろう。

明人は戸惑いを隠せずにいた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
やっぱり恭香結婚していたんだね、明人ざまあ。
それより社長なんだから恭香にうつつを抜かしてないで仕事しろ仕事。
2022/05/25 05:1399+返信3件
No Name
女はちょっと何か足りないほうが可愛い

だから、女性を小バカにするような趣向がまずダメなんだよ!
2022/05/25 05:3099+返信4件
No Name
完全な脈なしにもかかわらず、恭香のことで頭がいっぱい、仕事は上の空とか、こんな社長だめでしょう😆
プレゼン聞いてなくて、もう一回やってとか失礼過ぎ。だから見事にフラれてやんの。
2022/05/25 05:3499+返信4件
No Name
女同士の誕生日会を寂しいだなんて決めつけるな。
勝負のレストラン自分で選べ。
2022/05/25 05:1390返信2件
No Name
私よりマイさんはどうですか?

もう、恭香も面白過ぎ。
2022/05/25 05:2862返信6件
もっと見る ( 89 件 )

【こんな僕のファム・ファタル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo