バッド・ダディ Vol.3

年上男性との恋に溺れた25歳女子。だがある夜、彼の“お父さん的言動”が気になり始め…

二度目の“独身貴族”を楽しんでいるバツイチ男は、東京には少なくない。

渋谷区松濤に住む滝口(38)も、そのうちの1人。

しかし“ある女性”の登場で生活が一変……。

これは東京に住む男が、男としての「第二の人生」を見つめ直す奮闘記である―。

◆これまでのあらすじ

離婚した元妻と生活していた娘エレンを引き取ることになった滝口。それまで付き合っていた恋人に、娘がいるからもう週末を一緒に過ごせないと伝えたところ…。

▶前回:「妻以外の女性を、なぜ好きになったの?」元妻からの質問に窮する男には、25歳の恋人がいて…


Vol.3:朝食を食べるようになったバツイチ男


「エレン、早く朝ごはん食べないと、学校に遅れるよ」

滝口はスターバックスコーヒーの紙袋の中から、ゴソゴソとテイクアウトカップの飲み物やパンの包みを取り出す。

自身は朝食を食べる習慣などなく、ここ何年も朝はジムで飲むプロテインを朝食がわりにしてきた。

しかし、娘と共同生活が始まるとそうもいかない。

ここ1週間はエレンが起きる時間に合わせて、Uber Eatsで朝食を調達している。もちろん、前日予約だ。

「私、飲み物だけでいいよ」

エレンは億劫そうにダイニングチェアに座ると、カップの蓋を開けて中身を確認する。

「これ、パパのラテ」

滝口はカップを受け取り、エレンの向かいに座った。

「朝ごはんはちゃんと食べないと、授業に集中できないぞ」

父親らしいことを言うと、エレンは包みを広げマフィンを一口かじる。

「はぁ…」

エレンは大きなため息をつき、そして半ば諦めたように言った。

「パパ、この間エレンが言ったお願い、覚えてる?」

こういう顔は元妻にそっくりだな、とふいに考えてしまう。と同時にその“お願い”に心当たりがないことに焦る。

― お願い?お願いなんて言われたっけ?

「やっぱね、私の話なんて全然聞いてないよね、パパは」

エレンは、ふてくされた。

「じゃあ、あれ、調べてないんだ…」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
どこの塾にも入れないのなら、せめて家庭教師とかじゃダメなのかなぁ…
2022/05/21 05:2672返信2件
No Name
ま、雛子とは破局でしょうね。
2022/05/21 05:2657返信3件
No Name
やっぱり家政婦さんに来てもらった方がいい気がする。
2022/05/21 05:4948返信5件
No Name
滝口、料理しないんだ。都度買って来てってお金があるから出来るんだろうね。でも一応父親頑張っているみたいだね。
2022/05/21 05:1725
No Name
「行きたい、かも」って…
「行く」とか「行きたい」って返信すればいいのに。何もったいぶってるんだろうか。
2022/05/21 07:0820返信1件
もっと見る ( 38 件 )

【バッド・ダディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo