ワタシ 29.0~updateする女~ Vol.1

ワタシ 29.0~updateする女~:“垢抜ける”ことを決意した夜。初対面の男から浴びせられた、プライド崩壊の言葉とは

「変わってやる!」

そう思った瞬間から、人生はアップデートされていく。

10年前の恋愛の傷から、着飾ることをやめノーメイクで生きてきた春野菜月(29)。

そんな彼女が、変わることを決意したら―?


土曜の夜22時。

一人暮らしの部屋に、春野菜月(29)の悔しそうな声が響いた。

「一体なんだったの、あの男!失礼すぎるから!」

顔をしかめながら思い返していたのは、つい3時間前の出来事だ。



東京駅から歩いてすぐの距離にある、イタリアンバル。

カルボナーラが有名なそのお店で、菜月は友人の茜と恭一と食事をしていた。

茜と恭一は、大学時代からの親友。出身大学は違うが、同時期にロンドンに留学をしていて、現地で意気投合した仲間だ。

同じ寮に滞在していたため、当時は毎晩のようにフリースペースに集まっていた。

留学からはもう10年が経つが、今も2ヶ月に1回は理由をつけて、こうして3人で集まっているのだった。

ふたりといると、心が落ち着く。菜月にとっては、唯一無二の仲間だ。

乾杯するやいなや、「男探し」をしている茜が、いつものように近況を話し始めた。

「聞いて!先週ね、この人とお台場デートしたの」

男性の写真を見せて明るく笑う茜は、相変わらず綺麗。明るい色の巻き髪がよく似合っている。

「茜はあいかわらず楽しそうね。恋愛っていいねえ」

菜月がレモネードに口をつけて微笑むと、茜は不服そうに口をとがらせた。

「菜月。またそんな他人事みたいに言って!」

茜は菜月の全身をまじまじと見て、ため息をつく。

「いつも言ってるけど、菜月みたいな原石がすっぴんメガネでいるなんて、本当にもったいないわ」

そして、明後日の方向を見て、怒ったように言うのだった。

「アイツさえいなければ、菜月はモテモテの人生のはずだったのに」

「アイツ」。そう言われて3人が頭に思い浮かべたのは、同じ男…。

10年前に菜月をふさぎこませた男・トニーだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
立ち話の男、最低!
2022/02/18 05:1695返信4件
No Name
身だしなみは最低限整えたほうがいいけどね…
別にメガネかけていても美人な人は美人だし。どう変わって行くのか、期待ですね。
2022/02/18 05:1662返信4件
No Name
「ちゃんと『女の子』連れて来てね」って馬鹿過ぎて笑った。茜、こんなクズと食事会なんてやってんだ。
あと二股男もクズだよね。菜月にトラウマ持たせるって何してくれるんだよ。
2022/02/18 05:3237返信3件
No Name
また年齢を絡めた連載か…
2022/02/18 05:1535返信3件
No Name
メイク道具買い直そう!肌に悪いぞ!
2022/02/18 07:5620
もっと見る ( 37 件 )

【ワタシ 29.0~updateする女~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo