マウンティング・ポリス Vol.2

食事会後「自分だけに連絡が来た!」と舞い上がっていた女。だが男から呼び出された“真の目的”は…

デート相手ではなく、食事会要員としてモテていた女


その翌週末。僕は友人である高橋くんの自宅にいた。

プラチナ通りに面するタワーマンションの、28階にある彼の部屋は、かなり居心地がいい。僕は呑気に彼がいれてくれたオーガニックグリーンティーを飲みながら、くつろいでいた。

「ジェームズ、急に女の子と飲もうってどういう風の吹き回し?」
「まぁまぁ。人助けだと思って、ちょっとだけ協力してよ」

実は高橋くんとは、2~3年ほど前からの知り合いなのだ。若手経営者仲間が立ち上げたグルメ会で一緒になり、それ以降なんとなく交流が続いている。

そのとき、部屋のインターホンが鳴った。彼が玄関へ向かうと、驚いたような声が聞こえてくる。

「いらっしゃい!…って、あれ?」

僕が呼んだのは、菜穂だったのだ。


「お邪魔します!」
「えっ、菜穂ちゃんだけ?」
「はい!高橋さんが私と飲みたがってると聞いて、お邪魔しちゃいました♡」

高橋くんの素敵な部屋を見て、菜穂はさらにテンションが上がっているようだ。しかしその一方で、彼はなぜだか困ったような顔をしている。

「今日は1人なの?…まひろちゃんとかは、来ないのかな?」
「え?まひろですか?」

菜穂の顔が、みるみるうちに険しくなる。

「まひろは来ませんよ。今日は1人です」

その言葉に、あからさまにガッカリしている高橋くん。そんな彼の態度に、菜穂もさすがに何か気づいたようだった。

「…誰か呼んだ方がいいですか?」
「もし呼べるならぜひ!」

すると急に、高橋くんの顔がパァッと明るくなった。その後慌てて弁明しようとするけれど、かえって墓穴を掘っている。

「あ、いや…。ごめん。正直に言うと、菜穂ちゃんの周りって可愛い子が多いでしょ?だから彼女たちを呼んでほしくて」

菜穂の顔が、一瞬にして引きつる。

「え?」
「ごめん!!女の子は菜穂ちゃん1人だから、みんなで飲みたいなぁと思ってさ」

要約すると、こうだ。結局のところ、菜穂はただの“幹事”でしかなかった。

可愛い子が周りに多く、フットワークも軽い。そんな彼女に、男から連絡する理由はただ1つ。デート相手としてではなく、“食事会をセッティングしてくれる人”として連絡していただけ…。

「高橋くん的に、その会で誰かいいなと思った子はいたの?」
「僕はまひろちゃんかな。でも可愛いし、彼氏がいそうだなと思ってなかなか連絡できなくて。だからインスタだけフォローした(笑)」
「なんだよそれ!連絡すればいいじゃん」

うっかり2人で盛り上がってしまったが、そんな様子を菜穂は呆然と見つめていた。


▶前回:未婚の37歳友人に「結婚してなくて可哀想」と言い放つ女。しかし、実は夫と…

▶NEXT:2月8日 火曜更新予定
“東京生まれ、東京育ち”であることをマウンティングしてくる女

東レデート詳細はこちら >

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
勘違い菜穂、ざまあみろ!笑
2022/02/01 05:1499+返信4件
No Name
菜穂、いかにもモテなそうだよ。性格悪いと顔に出ちゃうし。
2022/02/01 05:3481返信13件
No Name
菜穂みたいな人って、とにかく何にでもなんかダサいねって言うね。ダサいと言えば相手が怯むと思い込んでる。
DM? なんかダサいねって😂
2022/02/01 05:3866返信8件
No Name
自分では何も出来ないグズが他人を使って仕返しする話ですか?
マウント取られるのが嫌なら菜穂主催のお食事会に行かなきゃいいだけの話。
2022/02/01 07:1955返信5件
No Name
前回も今回も、高校生までならともかく社会人になって気に入らない人とプライベートでつるむ必要ないと思う。
マウンティングしてくる人の誘いは断ればいいのでは。食事会に呼ばれるメリットのほうが大きいなら耐えないと、制裁しちゃったらもう呼ばれないでしょ。
2022/02/01 08:0129返信2件
もっと見る ( 60 件 )

【マウンティング・ポリス】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo