東京レストラン・ストーリー Vol.1

東京レストラン・ストーリー:港区女子が一晩でハマった男。しかし2人の仲を引き裂こうとする影が…

外食が思うようにできなかった、2021年。

外で自由に食事ができる素晴らしさを、改めてかみ締める機会が多かったのではないだろうか。

レストランを予約してその予定を書き込むとき、私たちの心は一気に華やぐ。

なぜならその瞬間、あなただけの大切なストーリーが始まるから。

これは東京のレストランを舞台にした、大人の男女のストーリー。


Vol.1 碧(29歳)東京は夢を叶えてくれる街?


東京タワーを見ると、5年前に上京してきた日のことを思い出す。

当時碧は24歳で、フリーアナウンサーとして独立したばかり。

― 目の前には無限の可能性が広がっていて、
 東京は、夢を叶えてくれる街。

そう信じて疑わなかったし、30歳までに叶えたい夢が2つあった。

1つはキー局でレギュラー番組を持つこと。そしてもう1つは、幸せな結婚をすること。

あの頃の自分は怖いもの知らずだった。そんなことを考えながら、21時を過ぎた六本木通りで、碧は夜空に浮かんでいる星に手を伸ばしてみた。地元の北海道とは比べものにならないが、東京も冬の空は澄んでいて星がよく見える。

碧は今日、婚約中の雄太郎と大喧嘩した。

怒りに任せて感情を吐き出し、着の身着のまま、彼の南麻布のマンションから飛び出してきたのだ。今度こそもうダメかもしれない。ダウンジャケットのポケットに入れたスマホは、一向に鳴る気配がなかった。

「どこに行こう……」

あてもなく飯倉片町交差点の横断歩道を渡るとすぐ、見覚えのある緑の蔦に囲まれた店が視界に入った。

― …『CHIANTI』か、懐かしい……。


上京したばかりの頃の、ただ楽しくて、華やかに遊んでいたころの思い出が鮮明にフラッシュバックする。

当時夢見ていたアナウンサーとしての夢は叶いそうにもない。でも一方の相応しい男性と結婚する、という夢はつかみかけている。

なのにいま、自分はそれさえも手放そうとしているのだ。

【東京レストラン・ストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo