抱かれた夜、抱かれなかった夜 Vol.8

毎週金曜の夜だけ、絶対に会ってくれない彼。怪しんだ女が尾行したところ、見てしまったモノは…

これは男と女の思惑が交差する、ある夜の物語だ。

デートの後、男の誘いに乗って一夜を共にした日。一方で、あえて抱かれなかった夜。

女たちはなぜ、その決断に至ったのだろうか。

実は男の前で“従順なフリ”をしていても、腹の底では全く別のことを考えているのだ。

彼女たちは今日も「こうやって口説かれ、抱かれたい…」と思いを巡らせていて…?

▶前回:プロポーズで貰ったカルティエのリングが偽物だった…。婚約者の男は、一体何を考えていたのか?


ケース8:結婚を焦る女・新川亜里沙(30歳)


「金曜日は予定があるんだ」

表参道にあるデザイナーズマンションの一室で、私を抱き寄せながら、拓馬が目を伏せる。

「そっか…。今週も会食なんだね」

「うん、ごめんね。大切な会だから外せなくて」

付き合って半年になる拓馬は、赤坂にある商社勤務の35歳。同世代の中でも稼いでいるほうで、圧倒的に“結婚向き”の独身男性だ。

でも彼には週に1度、会えない日がある。それは決まって毎週金曜日。

「金曜日の女がいるのかも」

大学時代からの友人・夏希に相談すると、そんなことを言われてしまった。

平日の夜は映画や食事、土日のデートも欠かさない。多忙な合間を縫って、マメに連絡をくれる拓馬。彼に限って、浮気なんてありえないと思っていた。

しかし、私は見つけてしまったのだ。彼の部屋にあった“女の影”を…。

静かに寝息を立てる拓馬の横で、夏希にLINEを送る。

亜里沙:やばい、見つけちゃったかも。洗面台の下に、女子っぽい掃除道具とボタニカルシャンプーのお泊りセット発見…。

半泣きでメッセージを送信すると、子どものようにスヤスヤ眠っている拓馬を見つめる。

― 先週「同棲しようね」って話してたばかりだったのに。

夏希:ねぇ。今週の金曜日、拓馬くん尾行してみない?

友人からの提案に心が揺れる。今年30を迎える私は、結婚前提の付き合いをしているつもりだった。でも、もし他に女がいたら…。知りたくないけど、知らなければいけない。

亜里沙:うん、わかった。

こうして私は、決戦の金曜日を迎えた。

【抱かれた夜、抱かれなかった夜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo