東京エアポケット Vol.1

東京エアポケット:見栄を張ることに疲れた30歳OL。周囲にひた隠しにしていた“至福のご褒美”とは

恋に仕事に、友人との付き合い。

キラキラした生活を追い求めて東京で奮闘する女は、ときに疲れ切ってしまうこともある。

すべてから離れてリセットしたいとき。そんな1人の空白時間を、あなたはどう過ごす?


vol.1 甘い栗スイーツと、辛口のシャンパン


Asami:そっか、朋美と行きたかったけど…。用事があるなら仕方ない!また何かあったら誘うね~。

友人・亜沙美からのLINEが届いた、日曜18時。キッチンの窓から見える外は薄暗く、明日からまた1週間が始まる切なさが漂っている。

私は、地元勝沼のピオーネで作られた甘めのロゼワインを飲みながら、小さくため息をついた。

朋美:ごめんね!楽しんできて♡

角が立たぬようハートを付けて返信すると、スマホをシンクの横へと置いた。

フリーランスのモデルとして活動する彼女から誘われたのは、渋谷のレストラン&バー『SOAK』。ここには『OYU(おゆ)』というルーフトップテラスがある。

その名の通り、お湯に浸かりながらお酒を楽しめるという、いかにもインスタ映えしそうなスポットだ。

もちろん全く興味がないわけではないし、行けばそれなりに楽しめるだろう。でも、私は用事があると嘘をついて断ってしまった。

最近、亜沙美のInstagramには“美容外科医でインフルエンサーのKOJI”という男性が、頻繁に登場する。

今回もきっと、その人経由での誘いなんだろう。しかしKOJIは、亜沙美の彼氏でもなんでもない。

彼の投稿やストーリーに登場しタグ付けされることで、16万人のKOJIのフォロワーの目に留まる。それが亜沙美の目的なのだ。

私だって、フォロワーを増やしたい気持ちはある。でも彼女の誘いに乗って、それほど親しくない人と遊びに行く生活に疲れてしまった。

…これが、今の私の本音なのである。

【東京エアポケット】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo