女たちの選択 Vol.5

「妊娠が分かって、茫然とした」東大卒の元・外銀女子が一変、教育ママと化した理由

−“女”の幸せとは、結婚し、子どもを産み育てることである。

そんな固定概念は、とうの昔に薄れ始めた。

女たちは社会進出によって力をつけ、経済的にも精神的にも、男に頼らなくてもいい人生を送れるようになったのだ。

しかし人生の選択肢が増えるのは、果たして幸せなことだろうか。

選択に結果には常に自己責任が伴い、実際は、その重みで歪む女は少なくない。

この連載では様々な女たちの、その選択の“結果”をご紹介する。結婚願望が強い美香(34歳)不本意にデートを繰り返す人妻・真弓(32歳)産後鬱に陥った由里子(33歳)育児と仕事の両立に悩む会社役員の麻里に続き、今回はキャリアを逃した高学歴女・佳代(33歳)のお話。


「一番の関心ごとですか…?それはもちろん、子どもの教育です」

ブラックコーヒーを一口飲んで、佳代ははっきりとそう断言した。

ネイビーのジャケットに綺麗な折り目のついたホワイトパンツ。ブラックのケリーバッグを小脇に携えた彼女は都心のセレブママそのもの。一分の隙も見当たらない。

現在33歳の佳代には、8歳の男の子がいる。

その完璧な装いからは想像もできないが、今朝も早朝から息つく暇なく動き回り、子どもをサマースクールへ送り届けてきたという。

午後になり、お迎えの時間がくれば今度はサッカーの練習に連れて行く。さらにはその合間の隙間時間に、宿題も見てあげなくてはならない。

子どもが学校や習い事に行っている間さえ、完全に自由になるわけではない。

週1でハウスクリーニングを頼んでいるとはいえ家はすぐに散らかるし、洗濯だって、食材の買い出しだってある。

佳代の毎日はこうして、朝から晩まで息子に振り回されて終わるのだ。

時々、つかの間のひとり時間に、青山一丁目の自宅マンション下にある『スターバックスコーヒー』でブラックを啜る。

この、ほんの一瞬だけが、現在の佳代にとって一息つける時間。

「…8年前は、まさか自分がこんな風になるとは思ってもみませんでした。私はむしろ、子どもなんて欲しくなかったから」

【女たちの選択】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo