女たちの選択 Vol.5

「妊娠が分かって、茫然とした」東大卒の元・外銀女子が一変、教育ママと化した理由

−“女”の幸せとは、結婚し、子どもを産み育てることである。

そんな固定概念は、とうの昔に薄れ始めた。

女たちは社会進出によって力をつけ、経済的にも精神的にも、男に頼らなくてもいい人生を送れるようになったのだ。

しかし人生の選択肢が増えるのは、果たして幸せなことだろうか。

選択に結果には常に自己責任が伴い、実際は、その重みで歪む女は少なくない。

この連載では様々な女たちの、その選択の“結果”をご紹介する。結婚願望が強い美香(34歳)不本意にデートを繰り返す人妻・真弓(32歳)産後鬱に陥った由里子(33歳)育児と仕事の両立に悩む会社役員の麻里に続き、今回はキャリアを逃した高学歴女・佳代(33歳)のお話。


「一番の関心ごとですか…?それはもちろん、子どもの教育です」

ブラックコーヒーを一口飲んで、佳代ははっきりとそう断言した。

ネイビーのジャケットに綺麗な折り目のついたホワイトパンツ。ブラックのケリーバッグを小脇に携えた彼女は都心のセレブママそのもの。一分の隙も見当たらない......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
この主人公、バリキャリではないよね。新卒入社なのに、たった2年で解雇されてる。2年目の夏、とあるから実際に会社に利益をもたらした期間はほぼないも同然。
8歳の子が1人だけなのに「息つく暇もない」のも、よっぽど要領が悪いのか?
マルチタスクこなせない自称エリートって、本当に実社会では困った存在だよ。
2019/07/27 06:5299+返信9件
No Name
悪いお母さんじゃないと思うけど、私がこの人の子供だったらしんどいと思う。エリートにならなきゃ認められないのはしんどい。
もし子供が自分と同じように挫折したらどうなるんだろ、、、
2019/07/27 05:1999+返信11件
No Name
平均点の子供しか量産できないシステムは本当にそう思う。子供の教育もほんと、やり始めたらキリがないなと思う。
だから、この人の考えは間違ってないけど、子供をエリートにしたいってのが子供のためというわけでなく自分の承認欲求を満たす方向に向いちゃってるのが、何だかな…
2019/07/27 05:2987返信1件
No Name
ただの主婦じゃないって言ってるけど、仕事をしてないなら間違いなくただの主婦だよ。
2019/07/27 06:2575返信2件
No Name
自分の承認欲求なら、自分のことで実現しなよ。
子供とはいえ、人をコントロールするのは極論無理よ。
2019/07/27 05:3234
もっと見る ( 78 件 )

【女たちの選択】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo