あのコはやめて Vol.1

あのコはやめて:ハイスぺ地味男の新恋人に、態度が豹変した女がささやく“禁断の一言”とは…?

「あのコは、やめた方がいい」

恋人との交際を友人から反対されたら、あなたはどうしますか。

愛する人を、変わらずに信じ続けられますか。

そして、女が隠す“真実”とは…?

これは、愛と真実に葛藤する男の物語。


2019年7月


― 僕に、こんな幸せが訪れるなんて…。

誠はお台場海浜公園のベンチで、恋人の肩を抱きながら幸福感に酔いしれていた。

隣に座るのは、恋人の咲良。

長い髪に爽やかな白いブラウスが似合う素敵な女性だ。彼女とはマッチングアプリで出会い、先日から交際を開始したばかりである。

明るく活発な咲良は、シャイで頭でっかちな誠とは正反対。だからこそ、誠は足りない部分を求めるように、彼女に強烈に惹かれているのだ。

― 咲良と一緒にいると、気持ちがどんどん明るくなるんだよな。

誠に恋人ができるのは、実は10年ぶり。学生時代、食事会や友人の紹介で出会った女性と交際したこともあるが、すれ違いなどが理由で1ヶ月ともたなかった。

いま誠は、大手産業用機器メーカーの設計・開発エンジニアをしている。

中学から男子校で、大学は地方国立大の工学部。そのうえ趣味も野球観戦にゴルフ、と女性に縁がない環境で過ごしてきた。

誠は女嫌いというわけではないが、人生において恋愛の優先度が低かったのだ。

「誠さん。そろそろ食事に行きません?お腹減っちゃった」

咲良は誠の腕の中ではにかんだ。気がつけば空は赤く染まっている。

「あ…ごめん、もう、18時すぎてるね」

本当はもう少し抱き寄せていたいと思った。でもそんなことを口に出すと、久々の恋人で浮かれていることが彼女にもバレてしまうな、と考える。誠は、男として多少のクールさは守りたいのだ。

誠は咲良の手を引き『デックス東京ビーチ』の近くにあるカジュアルイタリアンにエスコートしたのだった。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo