vs.美女 ~広告代理店OLの挑戦~ Vol.7

「仕事相手を顔で選ぶの…?」理不尽な仕打ちに女がとった驚きの行動

美人か、そうでないか。

女の人生は“顔面偏差値”に大きく左右される。

…それなら、美しく生まれなかった場合は、一体どうすればよいのだろう。

来世に期待して、美人と比べられながら損する人生を送るしかないのか。

そこに、理不尽だらけの境遇に首をかしげる、ひとりの平凡な容姿の女がいた。

女は次第に「美人より、絶対に幸せになってやる!」と闘志を燃やしていく。

◆これまでのあらすじ

広告代理店の美人ぞろいの営業部に異動した園子。トレーナーの清華が早めの産休に入るため、ひとりで仕事を担当することに。前向きな気持ちで仕事に取り組む園子だが…?

▶前回:「明日から2週間で…」休日に女上司から突然の電話が。予想外の理由とは


「まだ残ってる…。かわいそうだね」

オフィスで残業をしていた園子は、背後から聞こえてくる小声に耳をそばだてた。

「ひとりじゃキツいだろうね」

自分の話だな、と思った。距離が少しあるとはいえ、隣のブロックの会話など丸聞こえだ。声の主をチラリと見ると、ウェブ広告チームのふたりだった。

園子と同い年くらいだが関わりがなく、これまで会話をしたことはない。

「前任の清華さんとは、色々と大違いだし」

「色々と大違い。そうね…」

彼女たちは“色々”のところに、イヤな含みを持たせて笑う。園子は少しだけムッとしたが、心に余裕があるので大丈夫。陰口なんてそのうち止むと信じているからだ。

― あとちょっとで資料ができるわ。頑張ろう!

今の園子には、自信があるのだ。

自分が本気で仕事をすれば、きっと活躍する。たくさんの案件を勝ち取って、部署の売り上げに貢献できるだろう。そうすれば誰も何も言えなくなる、と思っている。

「見た目が~」と言って、園子と清華を比較する人たちも黙らざるを得ないだろう、と。

しかし、そんな強気でいられたのはたったの数日だけだった。

【vs.美女 ~広告代理店OLの挑戦~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo