恋のカルボナーラ Vol.1

恋のカルボナーラ:元カレから“辛辣な理由”で振られてしまい…。心を病んだ女が、行きついた先とは?

萌と雅紀の出会いは、食事会だった。

そこで趣味を聞かれた際、萌はとっさに「料理」と答えてしまったのだ。その後、彼と付き合い始めてすぐ「手料理が食べたい」とリクエストされるようになった。

しかし実際は得意料理などなく、母親の手伝いさえしたことがないという状況。なので、こっそりデパ地下でお惣菜を調達し、それを容器に詰め替えて持っていくようになったのだ。

最初こそバレなかったが、あるとき「俺の家のキッチンを使っていいから、出来立てのカルボナーラが食べたい」と雅紀に言われてしまった。

…そうして料理の腕前が露呈してしまったのである。

萌が作ったカルボナーラは、火が通りすぎて卵がボソボソ。濃厚でクリーミーなパスタにはほど遠い出来だった。

「萌、今まで作ってきてくれた料理は何だったの?」

「ごめん、実はあんまり料理したことなくて…。でも私、これからがんばるから。ね?」

それからは母親に教えてもらいながら、一生懸命料理を覚えようとしたし、レシピ本も3冊くらい買ってそれを見ながら作ったりもした。

しかし努力したからといって、すぐには上達できない。いつからか、雅紀の顔色をうかがいながら料理をすることが多くなっていた。

未だに頭の中でこだましている、彼の最後の言葉。

「料理の腕は全然上がらないし、そもそも『趣味が料理』って嘘つく女が無理」

その別れ際の一言がきっかけで、萌は料理教室に行く決心をしたのだ。


そんな萌が通い始めた料理教室は、表参道のフラワーショップ近くにある。

生徒は20代から40代の女性がほとんど。初心者コースはグループレッスンで、数人の生徒がいると聞いていた。

そして迎えた、初めてのレッスン日。

仕事が長引いてしまいギリギリに到着すると、すでに5人ほ......


【恋のカルボナーラ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo