マッチングアプリの答えあわせ【Q】 Vol.6

何もかも男に“おまかせ”しすぎたのがダメだった…?女と3回会った後、男の気が変わった理由

コロナ禍の婚活において、すっかりメジャーとなった出会いの形。それは“マッチングアプリ”だ。

しかし、マッチングアプリでの恋愛や婚活を成功させるのにだって、テクニックが必要なのだ。

―リアルではモテるのに、どうしてアプリでは“いいね!”が貰えない?
―メッセージは盛り上がっていたのに、なんでフェードアウトされた?
―初めての顔合わせの後、どうして二度目に繋がらない…?

あなたも抱いたことがあるかもしれない、数々の疑問。その答えあわせを、今ここで。

▶前回:「この男、どうして行き先を教えてくれないの…?」初デート直前、女が男に抱いた大きな違和感


2年前にアカウントを作ったインスタグラムは、みるみるフォロワーが増えていき、ついに3万人を超えた。

自分で言うのもなんだけど、過去に読者モデルとしてちょっとだけ有名になった。私の名前はネットで検索をしたら、割とすぐに見つけられると思う。

だから、受付をしている大手企業の職場の人たちや友人にすら、マッチングアプリに登録していることは内緒にしている。

それともうひとつ。マッチングアプリ内での身バレもできるだけ避けたい。

これは私だけに限ったことではない。登録している人のほとんどが、誰かに余計な詮索をされることなく、ひっそりと出会いを求めているのではないだろうか。

登録名をニックネームにしたり、英語表記にしたりするのも自己防衛のひとつ。

だからこそ、出会ってから本名を教え合う関係になった相手とは、そこそこ信頼関係を築けているという目安になると思う。

1か月のあいだ毎日のようにメッセージのやり取りを交わし、週末にはデートの約束をしている弘樹に、私はこう伝えた。

ayumi:「土曜日、楽しみにしてます。亜由美」

漢字で名前を教えたのは初めてだ。小さなことだけど、少しだけ心を許した私に弘樹は気付いただろうか。

【マッチングアプリの答えあわせ【Q】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo