ねぇ、いくつに見える? Vol.3

若い女に、10年付き合った男を取られた。ショックを引きずる女を待っていた、新たな展開

女は、いくつになっても若く見られたい。

特に自身の年齢にコンプレックスを持つ女たちは、エステやメイク、ファッションやヘアスタイル…。

誰よりも美容に気を使い、若く美しく見せることに必死になる。

おかげで、実年齢をうまくごまかすことはできるけど…。

―もう本当の年齢は、誰にも告げない。

そう決心したある女がいた。彼女は今日も鏡の前で、こうつぶやく。

「ねぇ。私、いくつに見えますか?」

◆これまでのあらすじ

サロンを経営している38歳の蘭子は、BARで出会った33歳の純太と意気投合。しかし32歳だと年齢を偽っている蘭子は、彼からの告白にためらってしまい…?

▶前回:年下男のお姫様扱いに溺れるアラフォー女。浮かれ気分でいた女を襲った、あるピンチとは


「えー、絶対に付き合うべきですって!」

仕事の合間に訪れた、サロンの近くのカフェ。

蘭子と一緒にランチをとっていた彩名は、純太とのあれこれをひと通り聞くと、目を輝かせた。

「でも彼、私の本当の年齢を知らないのよ。32歳ってサバ読んじゃって…」

「いいじゃないですか。蘭子さんだったら私と同じ28歳でもイケますって」

「そういう問題じゃないんだけど」

彩名は蘭子がかつて勤務していたエステサロンの後輩で、今でも親しくしている存在だ。一緒に働いた期間は短いが、何かにつけて慕ってくるので、付き合いはかれこれ10年近い。

月に何回かはランチやお茶をしに出掛けたり、閉店後のサロンで勉強会を行ったりしている。

「私とだってこうやって気兼ねなくおしゃべりできるんですもん。5歳くらいの年齢差なんてどうってことないんじゃないですか」

「でも、嘘ついているのが申し訳ないのよ」

「サラッと言えば気にしませんって。で結局、告白されてどう答えたんですか?」

どうやら彼女は、蘭子との久々の恋バナが相当楽しいらしい。前のめりでグイグイ質問攻めにしてくる。

蘭子もむしろ聞いて欲しかったので、それは嬉しかった。

「答え、か。そうねえ…」

【ねぇ、いくつに見える?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo