ねぇ、いくつに見える? Vol.10

都会から離れた辺鄙な場所に連れて行かれ…?突然暴露された、年下恋人の信じられない事実

女は、いくつになっても若く見られたい。

特に自身の年齢にコンプレックスを持つ女たちは、エステやメイク、ファッションやヘアスタイル…。

誰よりも美容に気を使い、若く美しく見せることに必死になる。

おかげで、実年齢をうまくごまかすことはできるけど…。

―もう本当の年齢は、誰にも告げない。

そう決心したある女がいた。彼女は今日も鏡の前で、こうつぶやく。

「ねぇ。私、いくつに見えますか?」

◆これまでのあらすじ

サロンを経営している38歳の蘭子は、BARで33歳の純太と出会う。そして「年齢は32歳」と嘘をついたまま、付き合い始めてしまった。

ついに蘭子は自分の年齢を告白したが、彼は曖昧に反応したまま帰ってしまう。すると、純太から突然「家に来て欲しい」と連絡がきて…?

▶前回:「年齢を6歳サバ読みしていて…」真実を告白した瞬間、女が絶望した年下彼氏の反応とは


『僕の家に来てくれないかな。迎えに行くから』

ある日の夕方。蘭子は、中目黒の自宅で純太が来るのを待っていた。…彼から送られてきた、メッセージの真意を考えながら。

実家住まいの彼だから、もちろん家には両親もいるだろう。

― 私を親に紹介してくれる、ってこと?

た......


【ねぇ、いくつに見える?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo