ねぇ、いくつに見える? Vol.12

“結婚観の不一致”から、最愛の恋人と距離を置いた女。直後、親友が見せたまさかの裏切り

女は、いくつになっても若く見られたい。

特に自身の年齢にコンプレックスを持つ女たちは、エステやメイク、ファッションやヘアスタイル…。

誰よりも美容に気を使い、若く美しく見せることに必死になる。

おかげで、実年齢をうまくごまかすことはできるけど…。

―もう本当の年齢は、誰にも告げない。

そう決心したある女がいた。彼女は今日も鏡の前で、こうつぶやく。

「ねぇ。私、いくつに見えますか?」

◆これまでのあらすじ

サロンを経営している38歳の蘭子は、BARで33歳の純太と出会い、年齢を「32歳だ」と詐称したまま付き合い始める。

ついに本当の年齢を告げたが、彼からも「実は一児の父親だ」という告白を受けてしまう。蘭子は戸惑い、その後もなかなか純太に連絡ができないのであった。

▶前回:彼氏がいると知りつつも電話をかけてきて…。独身女が元カレに告げられた、屈辱的な言葉


「やっと、蘭子さんをお祝いできました!」

シャンパングラスを片手に微笑むのは、28歳の彩名。彼女はまだ、誕生日がおめでたいものだと純粋に感じられているのだろう。

「ありがとう」

39歳になったばかりの蘭子は、彼女の厚意に心からの笑みで応えた。

表参道の喧騒から......


【ねぇ、いくつに見える?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo