東京戦略時代 Vol.2

「あの子、俺のこと多分好きだな」社内評価の高い男が、恋心まで利用する理由

職場は、戦場だ。

出世争い、泥沼不倫、女同士の戦い…。

繰り広げられる日常は、嘘や打算にまみれているかもしれない。

そんな戦場でしたたかに生きる「デキる人」たち。

彼らが強い理由は、十人十色の“勝ち残り戦略”だった。

大手IT会社に勤務する25歳の花山 樹里は、そんな上司・同僚・後輩と関わりながら、それぞれの戦略を学んでいく…。

▶前回:オンライン会議のカメラの前で…。異例の出世を遂げた魔性の女の”武器”とは


「お、花山ちゃん久しぶり、おはよう」

月曜日の朝。

駅からオフィスに向かう途中、ポンっと肩を叩かれ振り返ると、右手を小さく挙げながら木下が爽やかに微笑んでいた。

木下は、営業部のエースと囁かれる男。社内の女性たちの中にも、木下ファンは少なくない。

「…あっ、木......


【東京戦略時代】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo