東京戦略時代 Vol.6

「そんなことまで聞いてくるなんて!」同僚の私生活を探る女が、それでも嫌われないワケ

職場は、戦場だ。

出世争い、泥沼不倫、女同士の戦い…。

繰り広げられる日常は、嘘や打算にまみれているかもしれない。

そんな戦場でしたたかに生きる「デキる人」たち。

彼らが強い理由は、十人十色の“勝ち残り戦略”だった。

大手IT会社に勤務する25歳の花山 樹里は、そんな上司・同僚・後輩と関わりながら、それぞれの戦略を学んでいく…。

▶前回:ただならぬ関係の男女が出張先で…。部下にバレかけたその時、男が放ったセリフ


「こんにちはぁ、時永です。皆さんに顔を覚えてもらいたくって」

本日は、在宅勤務の日。樹里の目の前のPCの画面には、満面の笑みでハツラツと挨拶する女が映っている。

ーはあ、この光景みるの、何回目だろう…。

樹里は、頬杖をつきながら目を細めると、ふぅ、と納得がいかないよ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
アメリカなら分かるけどイギリス人てホームパーティーとか全然しない。
自分の話はめっちゃしてくるけど質問はあまりしてこないよ、聞いてくるときは「失礼にあたったら答えなくていいんだけど」みたいな枕詞ついてる。日本人と距離感似てるよ。
2020/11/19 05:3151返信3件
No Name
来週はネットアイドルの話かな?
Max Maraのワンピース着てたりして(笑)
2020/11/19 06:2538返信2件
No Name
100%オープンになかなかできないワタシ😁
2020/11/19 05:1427
No Name
プライベートの事は放っておいて欲しい。海外のやり方は知らないけど、日本ではいきなり職場で彼氏いるのなんて聞かれたらぎょっとするし、その人の仕事能力まで疑うわ。
せめて2人で食事しに行くようになってから、その時に聞くならまだしも。
2020/11/19 08:2427
No Name
私も必ずしも職場でプライベートの話をすることは悪いことだとは思わないけど、それならまず自分のことも話さないとね。
一方的に根掘り葉掘り聞くような人は距離置きたいと思う。
2020/11/19 08:4427返信1件
もっと見る ( 29 件 )

【東京戦略時代】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo