報道ガールの恋愛事件簿 Vol.13

2年間の遠距離恋愛か、すぐ近くにいる社内の男か。2人の男のうち、25歳の女が選んだのは…

—ありのままの自分を、好きな男に知られたくない。だってきっと、また引かれてしまうから…。

高杉えりか、25歳。プライベートはほぼ皆無、男社会に揉まれ、明け方から深夜まで拘束される報道記者。しかも担当は、血なまぐさい事件ばかりだ。

だけど、恋愛も結婚もしたい。そんな普通の女の子としての人生も願う彼女は、幸せを手に入れられるのかー?

◆これまでのあらすじ

えりかは、創太から告白された。だが同時に「2年間博多に行く」と告げられる。

遠距離恋愛に迷い、先輩の桑原に相談したところ、「じゃあ俺にする?」とまさかの展開になり…

▶前回:彼を受け入れる準備は出来ていたのに…。25歳の女が3回目のデートで男からされた、衝撃の告白


夜9時半を回った『タル家』の店内は、華やかな男女の笑い声で賑わっている。チーズフォンデュが煮詰まって、ぐつぐつと泡立っ。

「…ごめんなさい」

小さな声で言うえりかに、桑原は笑って首を振った。

「謝んなよ」

言いながら、火が通り過ぎてとろみのなくなったチーズにミ......


【報道ガールの恋愛事件簿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo