報道ガールの恋愛事件簿 Vol.5

「俺より稼ぐんだね」男から卑屈なコトを言われ…。その後、女がカレシの部屋で抱いた違和感

—ありのままの自分を、好きな男に知られたくない。だってきっと、また引かれてしまうから…。

高杉えりか、25歳。プライベートはほぼ皆無、男社会に揉まれ、明け方から深夜まで拘束される報道記者。しかも担当は、血なまぐさい事件ばかりだ。

だけど、恋愛も結婚もしたい。そんな普通の女の子としての人生も願う彼女は、幸せを手に入れられるのかー?

◆これまでのあらすじ

えりかは、殺人事件の特ダネをゲットするなど、必死で取材を続けている。

一方で恋愛も、創太とデートし充実しつつあるが、えりかには元カレにキャリアを否定されたトラウマがあり…。

▶前回:「私、こんな格好でどうしよう…」。西麻布で男とデート中、25歳の女を襲った悲劇とは


空港の自動ドアが開くと、むわっとした熱気がえりかを包んだ。

寒すぎるほど効いていた冷房との温度差に、ぶるりと震える。南国を連想させるヤシの木が、穏やかな風にそよそよと揺れる。

カンカン照りの太陽、青い空、ヤシの木。目を細めて、『八丈島へようこそ』と書かれた看板を見る。まさ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
えりかさん、頑張って
きっとみんなが君を応援している
2020/08/10 05:1399+返信1件
No Name
えりかは悪くない
彼女の仕事知っていながら映画の前売券なんか買う慎二が気が利かないだけ。
チケットが無駄になるのを言い訳に他の女性とデートするんでしょ、どうせ。
2020/08/10 05:3999+返信2件
No Name
今回はえりかの過去編

えりかって、やっぱり良い子だね
来週の辛い話がかわいそう
2020/08/10 05:0990返信4件
No Name
私は「いいところ住んでるよね」がキツかった。いやいやこれは緊急報道対応用住宅と言ってだね、いざと言う時すぐに局にあがれるようにこんな場所なんだよ、会社の補助ありきだよという説明なんか聞く気も無かったな元カレは。毎週身につまされる。えりか頑張ろうね。私も頑張る。
2020/08/10 07:3955返信6件
No Name
慎二君、東カレの小説には
少しすねた感じが珍しいタイプ
でも、リアリティーがあって良い
2020/08/10 05:1134
もっと見る ( 43 件 )

【報道ガールの恋愛事件簿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo