モラトリアムの女たち Vol.2

「旦那さんの稼ぎ少ないの?」タワマンのゲストルームで露呈した、女たちの静かなバトル

何不自由ない生活なのに、なぜか満たされない。

湾岸エリアのタワマンで、優しい夫とかわいらしい娘に囲まれ、専業主婦として生きる女。

―あのときキャリアを捨てたのは、間違いだった?

“ママ”として生きることを決意したはずの“元・バリキャリ女”は、迷い、何を選択する?

◆これまでのあらすじ

湾岸のマンションで育児に専念中の未希は、元々バリキャリ志向の女だった。

今は夫・慎吾の優しさに包まれながら専業主婦生活を満喫しているが、ママ友の華子が復職するという話を聞き、心がざわつきだして…?

▶前回:家事に協力的な夫と、かわいい娘。それでも女が満たされないワケ


「お邪魔しまーす…」

未希は恐る恐る、マンションの高層階にあるゲストルームへと足を踏み入れる。すると、テーブルの上に並べられた鮮やかな手土産の数々に目を奪われた。

『ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ』のマンゴープリンに、『エシレ』のガトーエシレ。それから『ラデュレ』のマカロン…。

見栄えが良い、色とりどりのスイーツ。

未希が手土産に持ってきた最中も、夫に有名店で買ってきてもらった結構なものだが、和菓子ゆえに出すのを少々ためらってしまう。

「佐橋さん、今日はゆっくりしていってね。…って、自分の家じゃないけど」

オープンキッチンの中にいる華子が紅茶を入れながらにっこり微笑んだ。

リビングのソファには、初めて会うママさんたちが3人ほど、各々の赤ちゃんを遊ばせながら談笑している。

入りづらい雰囲気だったので、未希はそのまま華子と話しながら彼女の手が空くのを待つことにした。

「今日はお誘いありがとう。私、ゲストルームって初めて。住んでいても使う機会ないもの」

「私もそうよ。今のうちに色々楽しんでおかなきゃと思ってね」

そういうことか、と未希は最近頻繁に来る華子からのメッセージの意味を理解した。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
私は背に腹はかえられぬ状態で、子どもが7ヶ月の頃から預けて復帰してるけど…逆にずっと一緒にいる方が大変だと思っていたし、預けて離れている間に“愛は育つ”(笑)のか?お迎えに行くと大はしゃぎだったし、歩けるようになると持ってたおもちゃを投げ飛ばして駆け寄って抱っこでギューって毎日で『あぁ〜これでまた頑張れる』って思ってたなぁ✨
専業主婦になったことないから分からないけど、それが“合う”人とそうでない
人といるんだろうな。
2020/09/14 05:3386返信1件
No Name
妹は妊娠をきっかけに専業主婦になったけど、隅々まで掃除されて食事も完璧で居心地の良すぎる空間に、プロ専業主婦って本当にすごいなぁと遊びにいくたび感動する。
一応私はバリキャリの部類だけど妹にはコンプレックスしかないわ。
2020/09/14 05:4257返信1件
No Name
このタワマンマウンティングもかなりお馴染みになってきたなぁ。
どこに行ってもこういうタイプの人っているのねぇ。

そんなタワマンていいのかな。
天災でライフラインが寸断されるような所住みたくない…。
2020/09/14 06:2744返信10件
No Name
働く理由を『旦那さんの稼ぎが少ないの?』って発想に驚き。たしかに収入も大事、でも自分のキャリアアップ、自分の人生を豊かにしたいという発想に及ばないのね
働くか働かないか選ぶ理由は自由、人それぞれ
個人の意見としては、収入の全てを旦那さまに頼る専業主婦のほうがリスクあると思う
2020/09/14 08:3941返信8件
はる
実際に聞いた話で、慶應の内部生同士の結婚とかで、お金に全然困ってないのに出産後にせっせと復職&平日残業できないからと休日出勤してる、っていう人が何人かいて貧乏根性が染みついている自分にはかなりの衝撃だった(笑)
2020/09/14 05:2529
もっと見る ( 48 件 )

【モラトリアムの女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo