東京バディ Vol.9

「こういう気持ち悪い関係、もう終わりにしたい」10年来の男友達から、突き放された瞬間

「たった一人の親友(バディ)がいれば、他には友達なんていらない」。

そう豪語する男がいた。

互いを信じ合い、揺るぐことのない二人の友情。だが、彼らが好きになったのは、同じ女性だった…。

◆これまでのあらすじ

片桐は、親友・小暮が10年に渡って想いを寄せる舞と付き合うためにと、一肌脱いだ。

しかし小暮は「片桐に謝りたいことがある」と言ってきて…。

▶前回:友達だった2人が“男と女”のデートをしたら…。男が「やっぱり彼女とは無理」と思った理由


焼けるような暑さの昼に比べ、夜にはぐっと気温が落ち着いて、心地よい風が吹いていた。

俺は、東京都庭園美術館沿いの緑道を歩く。真新しいビルの階段をのぼるとそこには、白金『クロデグルメ』があった。

俺のことを呼び出した小暮はすでに席に着いていて、俺にはソファ席に座るよう促して......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
レストランでの会話で、今更同性愛の告白になるのでは…と思いながら読んじゃった
2020/08/16 05:2199+返信4件
No Name
「気持ち悪い」という言葉が小暮の方から出てくるとは思ってなかった
2020/08/16 06:1875返信2件
No Name
もうなんか支離滅裂な展開で、ついて行けない(汗)
2020/08/16 07:2654返信1件
No Name
え…最後の締めくくり、何だ😥?
2020/08/16 05:1043返信2件
No Name
言ってる小暮が一番気持ち悪い。
そして、そういった矢先に、プロポーズの作戦会議を片桐としちゃうんだ😅
2020/08/16 08:0432
もっと見る ( 50 件 )

【東京バディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo