東京バディ Vol.2

「コレってもしかして…」男友達のマンションで発見した1冊の本に、衝撃を受けた理由

夫婦や恋人でもなく、家族のような血のつながりもない。それでも人が生きていく中で求めるもの—。それは「友情」だ。

「たった一人の親友(バディ)がいれば、他には友達なんていらない」。

そう豪語する男がいた。

互いを信じ合い、揺るぐことのない二人の友情。だが、彼らが好きになったのは、同じ女性だった…。

◆これまでのあらすじ

「僕」こと小暮喜八はエリート商社マン。就職活動で知り合った親友・片桐とは、キャラクターが正反対だが、10年来の親友だ。

そんな二人がひそかに恋焦がれていた女性・舞が、結婚するという知らせが届くが…。


「毎日、カレーライス食べてますね」

そう指摘されるまで、僕は気づかなかった。だがたしかに、あれから毎日、昼は社食でカレーライスを食べている。

「喜八さんは食通だと思ってたのに、意外です」

3つ下の後輩・瀬野汐里が、そう言って微笑みかける。

彼女は同じ部署のメン......


【東京バディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo