ある事件を示談で解決した敏腕弁護士。しかし半年後、男の身に“まさかの災難”が…

恋に落ちると、理性や常識を失ってしまう…。

「恋は盲目」状態になると、人は時に信じられない行動に出る。

あなたはそんな経験をしたことがありますか…?

これはそんな男女の、複雑怪奇な愛の話。


第一話:「リピート」


「広沢先生に刑事事件を頼みたい方がいます」

有楽町にある法律事務所で仕事をしていた僕は、秘書の小山杏奈から手渡された書類を、思わず二度見してしまった。

― 伊集院美麗って、依頼人の名前?なんだか芸名みたいだな。

「今回も男女問題のもつれでしょうね。メディアの効果ってすごいわ」

昼休みから帰ってきた杏奈がコーヒーを口に含みながら、書類を覗き込む。

弁護士2年目で今年31歳になる僕は、テレビ局に勤める大学時代の友人に懇願され、男女の法律トラブルを解決する番組に“イケメン弁護士”として渋々ゲスト出演した。

それからというもの、男女問題で悩む女性からの依頼が後を絶たないのだ。

「…嫉妬してる?」

「そんなわけないでしょ。依頼人と恋愛関係になるような弁護士が彼氏だなんて、こっちから願い下げです」

杏奈と僕は、付き合って1年半になる。もうすぐ婚約予定だが、そのことは事務所のメンバーにはまだ内緒だ。

そして翌日。僕は依頼人である“伊集院美麗”へ会いに、渋谷署へと向かった。

何度も訪れている、青山通りと明治通りの交差点に立つ渋谷署。入口に立つ警備員に一礼すると、警察官の案内で薄暗い接見室に入る。

「入りなさい」

警官の声が聞こえた直後、アクリル板の向こう側に、ブラウンの髪を1つに結った女性が入室してきた。うつむきがちだったが、椅子に座るとゆっくり顔を上げる。

…その瞬間、僕はハッと息をのんだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
弁護士さんの腕次第で、冤罪って出来ちゃうんだなぁ…
そっちのほうが怖い
2022/02/28 05:5399+返信3件
No Name
怖いと言うか痛いと言うか。
会った男性にいちいちカッター持って迫ってたら怪我人だらけになるって。それこそ怖い女の噂になるよ。
2022/02/28 05:2558返信2件
No Name
興奮すると頭突きするのも怖い…
2022/02/28 07:3241返信3件
No Name
先に警察呼ぶよね
2022/02/28 07:5127返信1件
No Name
広沢さんにも、杏奈さんにも、落ち度ないのに気の毒
2022/02/28 07:3026
もっと見る ( 38 件 )

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo