東京バディ Vol.8

友達だった2人が“男と女”のデートをしたら…。男が「やっぱり彼女とは無理」と思った理由

「たった一人の親友(バディ)がいれば、他には友達なんていらない」。

そう豪語する男がいた。

互いを信じ合い、揺るぐことのない二人の友情。だが、彼らが好きになったのは、同じ女性だった…。

◆これまでのあらすじ

小暮と片桐は、10年来の親友だ。二人が想いを寄せていた女性・舞が、婚約者・笠原と別れることになった。

片桐は「舞には小暮が合っている」とアドバイスして…。

▶前回:「婚約中の男に、何度も試されて…」女が彼とは結婚できないと悟った、本当の理由とは


「片桐君のアドバイスに従って良かった」

開口一番、舞が言う。

月曜日。俺たちは仕事の合間をぬって、銀座の『アポロ』で遅めのランチをしていた。

前日の日曜、俺のアドバイスに従った舞は、小暮を誘って水族館に行き、ディナーまで共にしたらしい。まるで10代のようなデートコー......


【東京バディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo