ヒロインになりたくて Vol.3

“サラダ取り分け女”が食事会で感謝されても、実はモテない意外な理由

「この女、なんかムカつく」って思われるほど、羨望される存在になりたい…

結局、自己アピールの上手い「あざと可愛い女」が主人公の座につくのが世の常

真面目に生きてるだけじゃ、誰かの引き立て役にしかなれないのだ

そんな自分を卒業し、『人生の主人公』になるために動き始めた女がいた…

◆これまでのあらすじ

失恋のショックから立ち直るため、オンライン婚活パーティーに参加した夏帆。しかし予想以上に手強い女性達を前に、上手なアピールをすることができず落ち込んでいた。そんな彼女に、一通のメッセージが…?

▶前回:「好きな男のタイプは…」オンライン婚活で目立つ、モテ女の当意即妙な回答とは?


朝、会社でメールチェックをしていると、見慣れない企業名が目に入る。

―これ、昨日のオンライン婚活パーティーの…?

件名には「1件のメッセージが届いています」と表示されている。記載されたURLにアクセスすると、メッセージの発信者は「祐平」となっていた。

―祐平さん…ウソでしょ!?

参加者男性の中で最もタイプだった、外資系コンサルティング会社に勤務している29歳の祐平。彼に対して上手にアプローチできなかったことを悔やんでいたが、まさか彼のほうから連絡が来るなんて。

急いで開いたメッセージには、昨日のお礼と、祐平のLINE IDが記載されていた。

半信半疑のままラインを送ると、すぐに既読が付き、レスが返ってくる。仕事そっちのけで2~3通やりとりを交わし、早速今週の金曜日に食事をする約束まで取り付けた。

夏帆はそのスピード感に驚くと同時に祐平とデートができることに心躍らせていた。

【ヒロインになりたくて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo