東京バディ Vol.5

「酔ったはずみで、彼女を・・・?」結婚前の女が、他の男の家で朝をむかえたワケ

夫婦や恋人でもなく、家族のような血のつながりもない。それでも人が生きていく中で求めるもの—。それは「友情」だ。

「たった一人の親友(バディ)がいれば、他には友達なんていらない」。

そう豪語する男がいた。

互いを信じ合い、揺るぐことのない二人の友情。だが、彼らが好きになったのは、同じ女性だった…。

◆これまでのあらすじ

「僕」こと小暮喜八は、親友・片桐とは10年来の仲だ。

二人がひそかに想いを寄せる女性・舞が結婚することになり、婚約者の笠原を紹介してもらうが…翌朝、目覚めるとなぜか小暮のベッドで舞が眠っていた。


「落ち着いて話をしよう」

舞にコーヒーを渡してから、ダイニングチェアに浅く腰かけた僕はそう切り出した。

だが、自覚している。慌てているのは僕だけで、舞は起床してからずっと落ち着いているのだ。

「昨夜の出来事を、正確に教えてくれない? 2軒目のバーには、4人で行ったよ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
よって介抱されておいて「泊まるのはおかしい」って、お前がおかしい。
しかも10年来の友達でしょ?意識しすぎで気持ち悪い。
2020/07/19 05:1484返信2件
No Name
酔っ払いを送り届けるだけじゃなくて、わざわざ泊まって介抱するの? しかも異性に。
舞はお化粧も落とさず、洋服のまま寝たの?
汚いし、様子見て帰ればいいのに、意味、わかんないね。
2020/07/19 05:4969返信1件
No Name
笠原は実は全く舞を愛していないのかも?ちょっとサイコパスなのかなと思った。
2020/07/19 05:1543返信2件
No Name
こうなると、舞は小暮が好き、ずっと好き、片桐の手前言えなかったけど10年ずっと好き…があり得る??
2020/07/19 07:2232返信1件
No Name
風呂敷が広げられ始めた予感…。

結末が楽しみ。
ポカーンになりませんように。
2020/07/19 06:3231返信1件
もっと見る ( 32 件 )

【東京バディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo