彼女のウラ世界 Vol.2

突如、姿を消した恋人。残されたインスタアカウントから暴く、女の本性とは

他愛もない雑談のあと、敏郎はマスターに何気ないフリを装って聞いてみる。

「明子は、ここで何か僕のこととか、話したことあるかな」

「いえ。明子さんからプライベートの話は聞いたことはありませんね。世界情勢や経済の話とかはよくしていましたが」

「世界情勢?」

「はい。確か、お勤めが外資系コンサルだったんですよね。明子さんからお勉強させて頂くことも多かったですよ」

「明子がコンサル…?」

「そんなバカな」と声が出そうになったところで、敏郎は言葉をのみ込んだ。そしてそれ以上の情報を引き出そうと、必死で言葉を繕う。

「そ、そうだったな。確か、どこの会社だっけ…」

「細かいところは覚えていませんが、昔NYにも住んでいたんですよね。ここに初めて来た頃、東京に異動してきたばかりだと言っていましたが」

「それ、何年前」

「私がこの店に移ってきたばかりの頃だから…」

「少なくとも3年以上前だろう?僕に会う前のはずだが?」

突然、マスターの表情が変わる。驚くべき情報の数々で食い気味になる敏郎に、どこか警戒心を抱いたようだ。

それ以降、マスターは敏郎が何を聞いても質問をはぐらかすのみになった。その様子から、自らの必死さと言動の不自然さに気づき、敏郎は反省する。

ーそうだよな。婚約者だと名乗りながらも、僕は明子のことをほとんど知らなかったのだから。

手持ち無沙汰になり、帰るきっかけもつかめず、何気なくバーカウンターに並ぶ酒瓶をスマホのカメラで撮影してみる。


最新型のスマホは、ホテルラウンジの空気も一緒に撮りこむ。クラシックな内装に並ぶ色とりどりの酒瓶はフィルターをかけずとも映えている。

敏郎は、インスタグラムにその写真を投稿した。

「明子が見るかもしれない」そんな下心があったのは言うまでもない。


寂しさを癒す『いいね』の通知


確実に誰もいない部屋に、ひとり帰る。明子がいなくなってからというもの、その無意味さは敏郎の家に帰る足取りを重くさせていた。

だが、今日はどこか違っていた。スマホの通知が敏郎の孤独を癒してくれていたのだ。

友人たちから届く“いいね”の数。

3年ぶりとなる投稿への、物珍しさからだろう。鳴りやまない通知に空虚な心が満たされていくのをおぼえた。

そして、ふと思う。

彼女もまた“それ”を感じていたのだろうか。だから、ガラにもない店にひとりで行ったり、時折こじゃれた料理を無理に作っていたのだろうか。

胸の奥がツンと痛んだ。

そんな彼女にしてしまったのは、仕事ばかりであった自分のせいでもあるから。

もしかしたらあの店のマスターが言っていた「コンサルで、NYに住んでいた」というものも、彼女なりに自身の空虚を埋める虚構だったのかもしれない。

いいねの中には「まだその店にいますか?」と思わせぶりなコメントを寄せてくれた旧知の女性もいた。

しかし、明子からのアクションはない。

日も傾きはじめ、山手通りを歩きながら夕食はどうしようかと考える。

ー明子がいたらこんなことを考える必要はないのに。

気が付けば、僕はコメントをくれた女性にメッセージを送っていた。


▶Next:6月15日 月曜更新予定
メッセージの送り主と会うことを決めた敏郎。そのデートは、多くの意味で彼の心を揺さぶり…?

東レデート詳細はこちら >

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
高級ホテルでお客様の情報ベラベラ話すマスターもいないし、婚約者の勤め先も分からない事を露呈する男性もおかしい。
2020/06/08 05:2399+返信3件
No Name
マスター、警戒するの遅すぎる!
だいたい個人名出してその人について話す接客業の人、居ないでしょう。
2020/06/08 05:2899+
No Name
バーのマスターにムッとしたって問い詰めたってしょうがないのに、大丈夫か敏郎。。
2020/06/08 05:2181返信2件
No Name
高級ホテルではなくとも、バーのカウンターでの会話の秘密は守られるものですよ。
一人で来店する客には、自分の時間を楽しみたい、また秘密を守れる誰かに話を聞いてほしい、そんな客もいます。
バーのカウンターは、宿り木となり、バーテンダーは、客が話しかけて初めて客の話しに耳を傾けるんです。
私は女ですが、バーへ行くとき、そんな感じでしたね。
癒されて家に帰り、疲れるとバーへ帰っていました。
(あえて「帰る
」と表現します。それが心情に適した表現なので)
2020/06/08 07:4237返信1件
No Name
お相手のことをそこまで知らないのに、婚約までしようって思えたのが凄い。
男性がお花畑で思い込み激しかったのか、女性がこの結婚難の時代にでも結婚したいと思わせる何かがあったのか‥
2020/06/08 05:2520返信2件
もっと見る ( 36 件 )

【彼女のウラ世界】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo