フレネミーな2人 Vol.4

「あの子がいてくれて、よかったかも…」ライバルだったはずの2人が、歩み寄った夜

採用倍率1,000倍と言われる、狭き門を突破したテレビ局のアナウンサー。

そこは華やかに見えて熾烈な世界。

彼女たちは知的で愛くるしい笑顔の裏に、他人へは見せられない顔を隠し持っているのだ。

そんな、知られざる女子アナの裏側とは…?

◆これまでのあらすじ

新番組MCの座を争っていた、同居中の葵とエリサ。エリサは、資本家・菅原から「番組プロデューサに口をきけるよ」と、甘い誘いを受けるが…プライドが許さず断ってしまう。

しかし葵は菅原に近づき、コネを利用してMCの座を奪ってしまうのだった。


野々村葵「私の方が、リードしてる」


【葵アナ忙しそう〜!今やぶっちぎりの看板アナだもんね!】
【エリサちゃんの3倍くらい仕事ありそう(笑)】

―そうそうこれよね。狙い通り。

2019年。葵は収録の合間、メイクルームでスマホを片手に1人うなずく。4月から新番組も始まったが、どんなに忙しくてもインスタのチェッ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
通りすがりに局内の人事(今度担当させようとしている番組)をぺらぺら話したり、本人のいないところで悪口めいたこと言ったり。こんな上司いる?!
2020/04/29 05:1589返信2件
No Name
葵も、根っから悪い子ではなかったのね。
2020/04/29 05:1268返信2件
No Name
エリサ、男前だな❗
2020/04/29 05:5361
No Name
田上局長、たぬき的なやり手なのか、本当にただの無神経なのか、本質が気になるぜ。
2020/04/29 08:1413
No Name
もっと深められるところを薄くトントン拍子で進んでいるね。
何だかもったいない。
2020/04/29 05:5510返信2件
もっと見る ( 26 件 )

【フレネミーな2人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo