急募:僕の嫁 Vol.1

急募 僕の嫁:運命の人を探し29年。恋愛経験不足のイケメンが結婚を焦る理由

運命の相手と出会いたい。誰もが思っていることではないだろうか。

では、運命の相手はどこにいるのだろう。

「“ビビビ”ときた」

「会った瞬間に、この人と結婚すると思った」

そんなのを聞けば聞くほど、目の前の相手は違うと思ってしまう。

まだ出会っていないだけ、どこかにいるのだ。

そう思い続けてきた曽根進太郎、29歳。恋愛経験はゼロに近い。超ド級の、夢見る夢男。

彼の人生をかけた、“運命の相手”探しが今、始まる。


「なあ、進太郎って結婚とか考えないの?」

レストランのテラス席で、目の前に広がる景色をぼんやりと眺めていると、ゼミの同期・加藤が話しかけてきた。

「はっ?」

進太郎は慌てて視線を店内に戻す。

「さっきの二次会だって、女性陣みーんな進太郎に釘付けだったじゃん。なのにお前、微笑んでるだけでさ。

はい、これ。帰り際に“進太郎に渡してくれ”って渡された連絡先。俺は伝書鳩じゃないっつーの」

先ほどまで、同じゼミの同期の結婚式に参加していた。久しぶりにゼミの男メンバーで飲んで帰ろうということになり立ち寄ったのだ。

さらに加藤は続ける。アルコールが入っているせいか、声がやけに大きい。

「そういえばさ、俺の知ってる限り、お前って彼女いたことないよな?
本当だとしたら、けっこうやばくない?

俺なんか、毎晩違う女と遊びたいと思ってきたけど、最近、ちょっと結婚願望湧いてきたりして」

「うるせーな」

進太郎は、酔っ払いを適当にあしらいながらも、内心ギクッとしていた。

母親からも結婚について強烈な提案をされたばかりだったからだ。

曽根進太郎、29歳。恋愛経験はゼロに近い。超ド級の、夢見る夢男なのだ。

【急募:僕の嫁】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo