オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.91

交際前に、結婚までほのめかして猛アタックした男。女が9ヶ月で彼を見限った理由は?

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進一退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


詩織と交際して、9ヶ月目に入るころ。ある日突然、僕は振られてしまった。

「私のことを、本当に大切にしてくれる人と付き合いたいの。翔太のこと好きだったし、結婚もしたいと心から願っていたんだけど」

それが彼女の言い分だった。

だが思い返してみても、僕はかなり彼女を大切にしていたと思う。詩織のことが本当に好きだったからだ。

そのことは彼女だって分かっていたはずなのに、どうして今更そんなことを言い始めたのか理解できず、僕は慌てて止めに入る。

「ちょ、ちょっと待ってよ。突然過ぎるし、そんな理由は全然納得がいかない。何で?他に好きな男でもできたの?」

今年28歳になる詩織。まだ若いし可愛いし、モテるのは重々承知だ。

けれども僕の方だって、30歳で仕事も頑張っていて、稼ぎだって悪くない。外見だって気をつけているし、それなりに“カッコイイ”と言われてきた。

そして何よりも、彼女に対してちゃんと結婚の意思も伝えていた。

「もっと早く籍を入れたいってこと?」
「違うよ、そんなんじゃない。“将来ちゃんと結婚を考えている”って言ってくれて、すごく嬉しかった。けど、私たちは合わないと思うの」

彼女なりに理由があるようだが、一体なぜそうなったのか、思い返してみても僕には全く分からないのだ。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo