わたし、9時に出社します。 Vol.11

「女性にも安心」は誰の意見?25歳女が感じる、“無意識”に発する言葉の罠

2019年。

「令和」という新しい時代を迎えたが、これまでの慣習や価値観がアップデートされる訳ではない。

このお話は、令和を迎えた今年に保険会社に総合職として入社した、桜田楓の『社会人観察日記』。

1996年生まれ、「Z世代」の彼女が経験する、様々な価値観を持った世代との出会いとは…?

◆これまでのあらすじ

これまでに楓は、妊婦へのメッセージボードに「元気な赤ちゃん産んでね!」と次々に書く社員たちを目の当たりにした。

今週、彼女が出会う社会人とは…?


「桜田、山本。ちょっといいか。」

上司である岩田から、入社2年目の楓と新入社員である麻美に声がかかった。

2人は「はい」と返事をし、メモ帳とボールペンを慌てて手に取り、岩田のデスクに駆け寄る。

「新商品開発チームから打診があって、若い世代向けの新しい保険商品を考えて......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
エンジニア女子
この小説のライターは、社会学を勉強された方なのか?
小説の盛り上がりは少ないが、丁寧に問題提起されてる。(東カレ的価値観にも)
2019/12/17 07:5299+返信1件
No Name
ストンと落ちて共感出来ました。
日本は特に性別に関する思い込みや刷り込みが強い上、何でもグループでくくる傾向があるから、余計顕著なんでしょうね。 内心面は性別から来る違いより個人差の方がずっと大きいと思うな。 肉体面の性別差はもちろんありますが。
2019/12/17 05:5799+返信1件
No Name
保険会社のいう、「女性に安心」って、女性ならではの疾患について補償するときのキャッチコピーのような気がしてた。
2019/12/17 07:3461返信1件
No Name
多様性の時代って大変だわ
2019/12/17 05:5326返信9件
No Name
企業で広告コミュニケーションをプランニングしてる者ですが、楓や麻美がいるような大きな企業の広告宣伝担当者ならば、彼女たちに意見聞く前に気付きそうな気がするんですが、、😅気付かなかったのかな。

確かに今、明らかに「女性向け」「男性向け」って差別化された商品以外は、「女性も安心」「男性に嬉しい」みたいな文言や表現、ほとんどしなくなりましたね。
まして、今はLGBTみたいな問題も出てきてるから、今後は
ますます、そういう表現が商品やサービスの広告物から減っていくかも知れませんね。
2019/12/17 07:2926返信4件
もっと見る ( 41 件 )

【わたし、9時に出社します。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo