結婚3年目の危機 Vol.9

「私たち、もう1年もないんだよ!?」夫婦生活に悩む美人妻が、たどり着いた最終手段とは

−この結婚、本当に正解だった?−

かつては見つめ合うことに夢中であった恋人同士が結婚し、夫婦になる。

非日常であったはずのときめきは日常となり、生活の中でみるみる色褪せていってしまう…。

当連載では、結婚3年目の危機にぶち当たった夫婦が男女交互に登場する。

危機を無事に乗り越える夫婦と、終わりを迎えてしまう夫婦。その違いは一体、どこにあるのか−?

これまで超・年の差婚をした広川家の、前妻が寝ていたベッドで眠る妻20歳年下の後妻をもらった経営者の夫、狙い通り両家の子息と結婚した土屋美咲その夫・和宏の話を聞いた。

今回は、レス問題に直面し悶々とする妻の言い分。


危機事例⑤ ついに直面したレス問題–妻の言い分−


【高橋家・結婚3年目の事情】

妻:里香
年齢:33歳
職業:IT系企業

夫:浩史
年齢:38歳
職業:不動産デベロッパー


「私…自分でも言うのもアレですが、スタイルならいい方だと思うんです」

控えめな口調でそう言って、里香は悩ましげな吐息を漏らす。

11月1日に開業した、渋谷スクランブルスクエアにある『神楽坂 茶寮』。窓から見える圧巻の夜景を眺めながらも、里香は浮かない顔つきだ。

...まあ、それも仕方がない。聞けば彼女は今まさに、結婚3年目の危機にぶち当たっているらしい。

「知っていましたよ。今や30代の夫婦でも約半数がレスと言われているんですよね。でも…どこかで自分だけは大丈夫だと思っていました。スタイルにも気を配っているし、夫の前で女を忘れないよう注意している。そんな私が、レスになんかなるはずないって」

里香は「まるでわからない」と言った様子で首を振る。そしてそのあと、彼女はそっと周囲を見渡し、声を潜めてこう言った。

「気づいたらもう1年近くないんです。このままレスが解消されなかったら私…浮気してしまうかもしれない」

【結婚3年目の危機】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo