ほっかほかの新米は何もなくてもごちそうだ!土鍋で炊き上げる都内の名店6選

  • 料理長が研究を重ねてたどり着いた極上の土鍋ごはん

  • 8席のみのカウンター

  • 「お造り」。鮪、ソイ、ぼたん海老

  • 「土鍋ごはん」。魚沼産のコシヒカリ

  • ごはんのお供には、筋海老若牛蒡の佃煮、鰰の一夜干し

  • メインダイニングには白木のカウンターとテーブルが。アンティークの棚やカウンター奥に飾られた唐津焼の美しさにも目を奪われる

  • 八寸(写真の料理は¥12,800のおまかせコースの一例)

  • 右が“煮え花”。土鍋のなかでぷくぷくと煮える様子が花の芽吹きに似ていることからこの名がついたのだとか。もっとも香りが立つ瞬間と言われており、甘やかな風味に恍惚感もひとしお

  • 白木無垢の一枚カウンター。網代が用いられた天井もあり、数寄屋造りを感じさせる

  • メニューはおまかせコース¥5,980の一本のみ

  • 本日のスペシャル「和牛ザブトンのやきすきトリュフ付き」¥3,000

  • 「土鍋ごはん膳」1,480円

  • 提供されるお米は日替わり。この日のお米は秋田県産の「つぶぞろい」

  • 選べるご飯のお供は、さんまぼろぼろと鮭フレーク

  • どこか懐かしさを感じる鮭フレークは、ご飯と相性抜群

  • ご飯を堪能する時に必須のお漬物と味噌汁はセットで付いてくる

  • 炙られた部分は不思議と鮭のような味わいに変化

  • 焼いたいくらのオツな味わいにご飯が止まらない!

もどる
すすむ

1/32

もどる
すすむ

この記事へのコメント

Pencilコメントする
匿名
どちらのお店も、ご飯🍚のお供が、良いですね❤️
2019/11/11 05:092
田舎者
土鍋ご飯🍚!良いですね。😁
2019/11/11 06:481

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo