結婚3年目の危機 Vol.5

前妻が寝ていたベッドで眠る女。20歳年上のバツイチ男と結婚した、セレブ妻の後悔

−この結婚、本当に正解だった?−

かつては見つめ合うことに夢中であった恋人同士が結婚し、夫婦になる。

非日常であったはずのときめきは日常となり、生活の中でみるみる色褪せていってしまう…。

当連載では、結婚3年目の危機にぶち当たった夫婦が男女交互に登場する。

危機を無事に乗り越える夫婦と、終わりを迎えてしまう夫婦。その違いは一体、どこにあるのか−?

これまで、3年目の浮気により危機を迎えたの話、そして前回は節約地獄を嘆くから話を聞いた。

今回は、20歳年上の夫と結婚した茜の、結婚3年目の本音。


危機事例③ 超・歳の差婚の弊害–妻の言い分−


【広川家・結婚3年目の事情】
妻:茜
年齢:30歳
職業:専業主婦

夫:秀俊
年齢:50歳
職業:美容クリニック経営


「昔から年上ばかりと付き合ってきました」

東京會舘1Fにあるオールデイダイニング『ロッシニテラス』にて、今回の報告者・茜は静かに語り始めた。

「年上の方が甘えさせてくれるし、経済力もあるし。男の20代や30代ってまだ不安定じゃないですか。40代以上の、すでに出来上がった男の人しか頼れないです」

入念に手入れされた指先を、テーブルの上でそっと重ねる。その左手薬指には、3カラットはありそうなダイヤモンドがキラキラと光った。

ちらりと覗いてみると、彼女が着ているスカートのウエスト周囲にはCHANELロゴが入っている。耳元に飾られたピアスも腕時計もCHANELのものだった。

「夫のヒデちゃんと出会ったのは5年前、彼が45歳、私が25歳の時です」

最初の出会いは、新規オープンしたレストランのレセプションパーティーだったという。ただしその場は大人数のイベントだったため、二人の接触は挨拶程度で終わったらしい。

だがその1年後、とある経営者の男性宅で開催された美食イベントで偶然再会。そこから交際に発展、トントン拍子に結婚が決まった。

パレスホテルで盛大な結婚式をあげ、茜は世に言う“勝ち組セレブ妻”の座を手に入れたのだ。

【結婚3年目の危機】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo