婚活アポ~27歳ワセ女の場合~ Vol.2

「条件は完璧なのに…」女がドン引き!アプリで出会った年収1,000万超・30歳男の意外な過去とは

婚活に奮闘する人たちは、初デートのことをこう呼ぶ。

「婚活アポ」

ある程度仲良くなるまで、男女の約束は仕事と同様"アポイントメント"なのだ。

そんな激しい婚活市場で、数撃ちゃ当たるとでも言わんばかりに、東奔西走する一人の女がいた。

失恋にも負けず、婚活うつにも負けず、アポ、アポ、アポの日々。

なぜって、元カレよりも素敵な人と結婚したいから……。

これは「真面目に努力すれば、結婚できる」そう信じて疑わない、早稲女・夏希の『婚活アポダイアリー』。

◆これまでのあらすじ

27歳の夏希は誕生日を目前にして結婚も見据えて付き合っていた彼氏と破局し、婚活の世界に舞い戻ることになった。早速アプリに再登録したのだが…。

▶前回:「今年こそ、結婚!」毎年言い続けて早4年。年収800万・アラサー早稲女の悲惨な婚活事情


アポ前の準備は抜かりなく!


「リップとお粉と…あっ、日傘も持っていかなきゃ!」

1週間を全力で駆け抜け、やっと土曜日がやってきた。

けれど、婚活女子に休みなし。私は朝から身支度で大忙しだ。

本日のアポは12時に表参道。

マッキントッシュ ロンドンのワンピースに身を包み、一通り身支度を終えて時計を確認すると10時半。水天宮前の自宅からは半蔵門線で一本だから、11時半前に家を出れば十分に間に合う。

私はさらなる“準備”に取り掛かるため、MacBookを立ち上げてマッチングアプリを開いた。

今日のアポ相手のプロフィールをしっかりと予習しつつ、他のマッチング相手たちにメッセージを返して、さらに新しい種をまく作業だ。

「本日の相手は裕也さん、30歳。横浜出身の都内在住、東工大院卒の外資系IT企業勤務。年収1,000万円、趣味はテニスとフットサル。えーっと、住まいは代々木上原なのね…」

裕也のプロフィール写真は、親切にも5枚以上アップされている。

自己紹介文も長すぎず短すぎず。情報が過不足なく提供されており、ところどころにライトな絵文字がちりばめられている。

一言でいうと、非常にバランスが良い。

「“小綺麗な方”ね…」

思わずため息をつく。元カレの颯太くんしかり、先般別れた外銀マンしかり、私はそつのないタイプに弱い。

こんなふうに万事よしな男性は、婚活市場に出回ると(むしろ出回らなくても)色々なところから引き合いがあり、ライバルも多いのだけれど。

【婚活アポ~27歳ワセ女の場合~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo