ねばねば自然薯鍋でパワーチャージ!胃腸の疲れを癒してくれる恵比寿の新店!

※こちらの店舗は、現在閉店しております。


秋が深まり、そろそろホカホカ鍋が恋しくなる季節。

気候の変化でちょっと疲れ気味なら、恵比寿に誕生した自然薯鍋が楽しめる新店『黒十 恵比寿』を訪れてみて。

パワーチャージできること間違いなしだ!

全44席。2名から利用可能な個室も備える

神戸の名店が東京初進出!ねばねば自然薯を味わい尽くせ

恵比寿駅から徒歩5分。渋谷橋交差点のほど近くに、2019年7月に誕生した新店『黒十 恵比寿』。

『黒十』とは、神戸に本店を構える自然薯とろろ料理専門店。名物「自然薯とろろ味噌鍋」や〆の釜飯の美味しさが話題となり、神戸では人気の名店なのだ。

そんな本店の味わいはそのままに、恵比寿店ならではのメニューも加わり、さらにパワーアップした『黒十 恵比寿』の魅力をお伝えしていこう。

「自然薯とろろ味噌鍋」(1人前1,980円)※写真は2人前

名物「自然薯とろろ味噌鍋」は必食の美味しさ

『黒十 恵比寿』を訪れたなら必ずオーダーしたいのがグツグツと煮える鍋に、自然薯ととろをたっぷりと入れて味わう「自然薯とろろ味噌鍋」。

同店で使用する自然薯は、山口県周南市の自然薯農家が無農薬、無化学肥料にこだわって栽培するもののみ。

強い粘りと独特の香りを楽しめる自然薯本来の味わいを楽しめるよう鍋の出汁にもひと工夫。

鰹と昆布でとった出汁と、八丁味噌や白味噌をベースとした合わせ味噌で作りあげており、自然薯の味わいにそっと寄り添い、より一層美味しさを引き立ててくれている。

毎朝すり鉢で少しずつ粘りを出しながらすりあげる自然薯は出汁を加えてあっさりと仕上げている

煮ているうちに霧島純粋豚肩ロースや、自家製つくね、白菜、水菜、長ネギ、焼き豆腐といった具材の旨みが出汁に広がっていく。火が通ったところで、自然薯とろろを流し込んで召し上がれ。

〆には「雑炊」や「うどん」(1人前各500円)も用意されているので、自然薯パワーを余すところなく味わい尽くしたい方は、ぜひ〆まで楽しんで欲しい。

「自然薯の生とろろ・お造り・団子揚げ盛り合わせ」(880円)

自然薯尽くしの前菜と共にゆっくり杯を傾けて

自然薯とろろ料理専門店だけあって、最初から最後まで自然薯尽くしを楽しむことも可能だ。

まず前菜として注文したいのが「自然薯の生とろろ・お造り・団子揚げ盛り合わせ」。

自家製の造り醤油で自然薯本来の味わいを堪能できる「自然薯のお造り」、皮のまま自然薯をすってポン酢でさっぱりと味わう「自然薯生とろろ」、自然薯に塩、生姜を加えてカラリと揚げてべっこう餡をかけた「自然薯まるっと団子揚げ」の3品のセットだ。

それぞれ単品でもオーダー可能だが、少量ずつ全てを味わえるこちらがおすすめ。ぜひ好みのお酒とともにじっくりと味わってみて欲しい。

「黒十名物 ねばとろサラダ」(950円)

また「黒十名物 ねばとろサラダ」も人気の一品。

自家製のめんつゆをベースに、粗く刻んだ長芋、オクラ、なめたけを加えた自家製ドレッシングをかけて味わうさっぱりとしたサラダ。

紅芯大根、三つ葉、長ネギ、海苔など自然薯ドレッシングとの相性抜群の野菜たちの、食感と香りを楽しみたい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo