オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.77

この投稿の何がダメだった!?男の気持ちを萎えさせた、女のInstagramとは

宿題1:武史が思わずツッコミを入れたくなったひかりの行動とは?


初デートは、何と『レストラン クレッセント』を予約してくれていた武史。

一度は行ってみたいと思っていた憧れレストランであり、芝エリアに突如現れるクラシックで重厚感溢れる建物の前に立つと、つい大興奮してしまった。

「なんて素敵なの・・・!!」

思わず夢中で、外観の写真を撮る。更に中に入るとウェイティングエリアも素敵で、私は彼を待っている間に写真を撮っていた。

「ごめんね、待った?」

そして現れた武史は、仕事帰りなのか、細身のストライプのスーツがよく似合っていて今日もカッコイイ。

「全然。今来たところです。ここ、すごく素敵なお店ですね」
「うん。いいよね、このお店」

私たちが通されたのは、東京タワーが目の前に見える素敵な個室で、私のテンションはひたすら上がりっぱなしだった。

「武史さん・・・改めてこのお店、素敵すぎませんか?」

思わず、目がハートになっていたことは否めない。初デートでこんな素敵なお店に連れてきてもらえるなんて、気分はもうプリンセスだ。

「はは、そんな喜んでもらえるとこっちも嬉しいよ」

まずはシャンパンで乾杯し、初デートが始まった。


「美容関係の広報って、どんなことをしているの?」
「メディア対応をしたり、プレスリリース書いたり・・・色々です。SNS関連も担当していますが」
「そうなんだ。アカウント、教えてよ。ってか、ひかりちゃんって、すごく仕事できそうだよね」
「え、そうですか?嬉しい」

自慢じゃないが、仕事はできる方だと思う。

「うん。僕、頭いい子が好きでさ。ひかりちゃんと話していると楽しいし、頭の回転が早くて結構タイプなんだよね」

—タイプ・・・

武史はサラリと言ってくれたが、この言葉は素直に嬉しい。

「武史さんは?コンサルって、何関連のコンサルをされているんですか?」
「僕の場合はIT関連のコンサルで」

そこから武史としばらく仕事の話で盛り上がり、美味しいお料理と素敵な空間にすっかり酔いしれた。

「あぁ〜楽しかった!本当に、ありがとうございました」

彼はいつの間にかお会計も済ませてくれていた。店を出てタクシーに乗り込む前に、私が深々とお辞儀をすると、武史はまた嬉しそうな顔を見せる。

「また来月、ご飯行こうよ」
「是非ぜひ!楽しみにしています」

こうして、この日は1軒目で解散した。

翌朝起きると、幸せな気分を後押ししてくれるかのような快晴で、私は思わずInstagramに今の気持ちを投稿した。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo