妥協婚 Vol.2

「結婚してから、ずっと悶々としています・・・」32歳の妻が、夫に絶対言えない不満とは

2つ前の彼氏が最高値だった


「主人と出会ったのは、食事会でした。当時私は28歳で、結婚にかなり焦っていたんです」

周りの友達や同期は続々と結婚を決めていき、気がつけば独身は朋美さんと、30歳を過ぎた“お姉さん達”しか残っていなかったそうだ。

「何としてでも、30歳までに結婚しないと完全に乗り遅れてしまうと思いまして……」

これまでは、高級店でご馳走してくれるおじ様方など、恋愛対象にはならないような人とばかり遊んできたという朋美さん。

しかし自分の年齢を冷静に考えたときに、自身の市場価値は驚くほど落ちており、そして周囲に素敵な人は残っていないことに気がついたという。

「気がつけば、2つ前の彼氏くらいがスペック的にも、人としても最高値だったのかなって」

だが、時既に遅し。

焦り始めた朋美さんは方向転換をし、“結婚できそうな”男性たちに狙いを定めた。

「デートで連れて行ってもらうお店は、一気にカジュアルダウンしました。でも結婚するために作り笑顔で我慢して。私なりの婚活をしたんです」

心の中では、この方向転換に納得がいっていた訳ではなかったという。だが、願いはただ一つだけ。

—とにかく、結婚したい。

この一心で必死に婚活をしたそうだ。そして現れたのが、哲也さんだった。


「婚活を始めて、約1年。特に実りもなく、好きになれる人もいない中で現れたのが彼だったんです」

30歳というちょうどいい年齢で、元々ラグビーをしていた哲也さんは体格も良く、“いいパパ”になりそうだな、と直感で思ったそうだ。

こうして、その直感に従って哲也さんと交際を始めた朋美さんだったが、ある現実を突きつけられる。


「彼の年収が、800万だったんです」


交際してから、その現実を知ることになる。

「デートは高級店ではなく、カジュアルなお店ばかり。西麻布方面には全く行かなくなりました。1本数万円するワインもオーダーできるはずがなく、もっぱらレモンサワーとか」

決して、哲也さんだってお金がないわけではない。だが彼女のこれまでのさまざまな経験値が、邪魔をした。

「条件だけで言ったら、経営者とか外銀とか、もっと年収が高い人を見つけたかったというのが本音です」

けれども哲也さんを選んだ朋美さん。その決め手は?

「もちろん人柄が好きだったのですが、彼自体も結婚願望が強くて、タイミングが良かったんです。一緒にいて居心地がいいし、30歳までに結婚できる相手を考えたら、彼しかいませんでした。正直、年収には満足していませんでしたが、一流企業勤めの安定したサラリーマンだし、と思って」

こうしてどうにか自分を納得させた朋美さんは、彼を急かして半年後にゴールイン。

結婚までとんとん拍子に事は進み、幸せな結婚生活がスタート…のはずだったが、そこから朋美さんの葛藤が始まった。

「当時は自分のベストな相手だと思っていたのですが、結婚して生活が始まると、やはり生活レベルが……」

勝どきは朋美さんが住みたいエリアではないし、家も狭い。買い物も、自由にできない。

「新婚旅行くらいは贅沢したい、と思っていたのですが、まさかのエコノミークラスだったし」

これまで散々リッチで素敵なおじ様たちと交際してきた朋美さん。彼女からすると、年収800万の男性は妥協でしかなかったようだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
相手に求めるばかりでなく、自分も稼げば良い。
相手からも容姿など、妥協されてるはず。
2019/10/08 05:1499+返信19件
No Name
この人が26歳のときに結婚してもらえなかったこと、納得できる。
2019/10/08 05:1999+返信3件
No Name
そこまで年収にこだわるなら、他は妥協しても年収は妥協すべきではなかったのでは…
この方の求める生活レベルは1000万では足りない気もしますが。
2019/10/08 05:1999+返信9件
No Name
税金あるから800も1000も大して変わらんよ。
資格取るなり転職するなり自分で稼げばいいのに。
2019/10/08 05:1897返信3件
No Name
これは不幸だね。お金に換算しか出来なければ満たされる事はないよ。ご主人はあなたの幸せの為のツールじゃないからね。
2019/10/08 05:4289返信1件
もっと見る ( 172 件 )

【妥協婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo