非常によくおモテになる殿方のホワイトデー Vol.1

非常によくおモテになる殿方のホワイトデー:後輩からの思わぬ告白

午前11時からチームの定例ミーティングに出ていた。僕は男性向けキュレーションメディア「ゴリラ」というサービスのプロデューサーで、10人ほどのチームを率いている。12時を回り、ミーティングを切り上げ、自席に戻ろうとした時だった。

「雄太さん、ちょっといいですか?」

チームで最年少・編集担当の理沙(23)が神妙な面持ちで声を掛けてきた。

表情を察するに、これは二人で話した方が良さそうだと思い、他のメンバーが会議室から出るタイミングを見計らった。

「あの・・・よければこれ、受け取ってください!」

ブルガリのチョコレートだった。

「今日はバレンタインか。深刻そうな顔してるからどうしたのかと思ったよ。ありがとう。義理チョコにしてはたいそうなチョコだな」

いつもの如く、つい軽口を叩いてしまった。

「・・・義理じゃないです!」

そういって理沙は会議室を飛び出して行......


【非常によくおモテになる殿方のホワイトデー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo