女たちのマッドネス Vol.1

女たちのマッドネス:“愛され”ブログで人気のセレブ妻。彼女の人生を狂わせた、1つの嘘とは

–妻たるもの、夫に愛されなくてはいけない−

そんな強迫観念のごとき価値観が今、巷に蔓延しているという。

#旦那様ありがとう
#優しい夫に感謝

SNSには自称・愛され妻の投稿が自慢げに並ぶ。さらには“愛され妻”になる方法をレクチャーする講座まで存在し、悩める妻たちが殺到しているというのだ。

「私も、“愛され妻”になりたい...!」

必死で愛を乞うあまり狂っていく女たち....。狂気が狂気を呼ぶ、その様を覗いてみよう。

ほんの少し、奥深いところまで–。

愛され妻・麗子の独白:「美しければ、人生は容易いのです」


◆はじめに◆

質問です。

女性はどう生きれば、より良い人生を送れるのでしょう?

時代はもう令和だというのに、一向に男女平等が進まないこの国で。

汗水垂らして男性と同じフィールドで働いて、体調が悪かろうが子どもがいようが構わず労働に人生を捧げ、そうしてわずかばかりのお金を得るために働くのが、果たして女性の本当の幸せなのでしょうか?

私はそうは思いません。

女性に生まれたからには自らの美しさを最大限に磨き、エレガントな愛され術を学んだ上で、経済力ある一流の優しい男性に愛され、結婚する。

それがやはり一番の幸せなのです。

まあでもそれは、私のやや恵まれすぎた人生が育んだ価値観。すべての方から共感を得られるとは思っていません。

裕福な両親の元に美しく生まれついたということで、私の人生は葛藤とは無縁でした。ですので、私の価値観に賛同できないという方は無視していただいて結構。

ただ、私と同じ価値観を持ち、私と同じような結婚をして、夫からいつまでも愛されたいと願う素直な方は...。

ぜひ、この続きをご覧になって。

私が今の幸せを手に入れた秘訣を、余すことなくお伝えしますからー。

【女たちのマッドネス】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo