シュガー&ソルト Vol.3

「この成功が身に余るとは思わない」緻密な戦略で、一流企業の内定とハイスペ彼氏を得た女の誤算

女の人生、その勝敗はいつ決まるのかー?

それは就職・結婚・出産など、20代で下した決断に大きく左右される。

ある分岐点では「負け」と見なされた者が、別の分岐点では幸せを勝ち取っていることなんてザラにあるのだ。

昔からその分岐点において、全く異なる結果になる2人がいた。その2人とは福岡出身の幼馴染、塩田ミキと佐藤菜々子。

2019年、28歳のミキは唐突に菜々子の”玉の輿婚”を知る

遡ること5年前の2014年、早稲田卒の菜々子が派遣社員になった一方で、ミキは大手化粧品会社に就職を決め、新たな生活を始めていた。

「就職」という分岐点で成功を掴んだミキが目にする、これまで知らなかった東京とは?


ミキの人生を賭けた就職活動


運命の電話が鳴ったのは、代々木駅に電車がさしかかった頃。

ディスプレイに表示されたのは、知らない番号だった。

大学3年生だったミキは面接の結果だとすぐに察知し、目的地の渋谷に着く前だったが一旦電車から降りる。ホームで通話ボタンを押すと、数日前に最終面接を受けた第一志望の化粧品会社からの電話だった。

鼓動が、急に速くなる。

すでにいくつか内定をもらっていたが、この会社への気持ちは他とは比べものにならない。ここが絶対的な第一志望だった。

ミキは大学に入学したときから就職でどうやったら勝てるかを考えていた。留学も、サークルで幹事をしたのも、就活のためー。自分でも認めるほど打算的だった。

それほど、勝ちに飢えていたのだ。

ーここで勝てなかったら、私の人生負けばかりだ……。

最終面接のたびに、自分にかけてきたプレッシャー。第一志望の結果を聞くこの瞬間が、一番強くそれを感じた。

「塩田ミキさんですね?」

電話越しに尋ねる声は、明るい。ミキは「はい」と勢いよく声を出した。

「厳正なる審査の結果、塩田さんを採用することが決まりました。ぜひ一緒に働けたらと思います」

その瞬間、言葉が出なかった。

ー今日からもう、受験の失敗も、今まで菜々子に感じていた嫉妬心も、全部なくなるー。

電話を切ってからもしばらく混乱が続き、ベンチに座って気持ちを落ち着かせる。3本の電車を見送り、4本目の電車が来たとき、ミキはようやく腰をあげた。

【シュガー&ソルト】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo