モテる男 Vol.1

モテる男:「この人、ズルい…」一瞬で女心を掴んだ男の、さりげないテクニックとは

「モテる男なんて苦労するだけ」
「結婚するなら誠実な男が一番」

早々に結婚を決めた女友達が、口を揃えて言うセリフ。

だが本当にそうなのだろうか。ときめきのない男と結婚して、幸せなのだろうか。

そう疑問を呈するのは、村上摩季・27歳。

モテ男にはモテるなりの理由がある。男としての魅力があるからモテるのだ。そういう男に愛されたいと願うのは、女として当たり前ではないか。

これは、痛い目にあいながらもなお「モテ男と結婚したい」と願う摩季の、リアルな婚活奮闘記である。


モテる男が好きだ。昔からそうだった。

小学生の時は、勉強もスポーツも万能の優等生に。中学時代は、ちょっぴりヤンチャな人気者に恋をした。

都内の女子校に進学してからも、電車ですれ違う美男子にキャーキャー言ったり、学園祭で一目惚れしたイケメンに自ら連絡先を渡すなど相変わらず。

女子大生になると面食いは少しマシになったが、好きになったのはインカレサークルで出会った生粋の慶應ボーイ。一朝一夕には養えない品と自信が漂っており、こんな人の彼女になりたいと願った。

“身の程知らず”と思われるだろう。だが持ち前の愛嬌と行動力で、意外にも勝率は高かった。

ただ、モテ男との恋愛を繰り返してきた結果…現在、私は27歳。独身・彼氏なし。

友人の3分の1はすでに結婚しており、残り3分の1にも彼氏がいる。そしてそのまた残り3分の1が私のような女という状態。

リアルに迫る、“結婚”の二文字。今度こそ地に足のついた恋愛を…そう誓っていた、はずだったのに…。



出勤途中の山手線。不意に差し込んだ日差しが眩しくて、思わず瞳を閉じた。

ー相原勇輝。

あの日から私は、気づけば彼のことばかり考えている。

溢れた吐息も妙に熱っぽい。こんな風に甘美に広がる感情の正体が何であるか…この歳にもなればもう、分析するまでもなかった。

認めたら最後だと知っているから言葉にはしない。

だが心の中でそんな葛藤をしていること自体が、もはや何よりの証拠なのだ。

【モテる男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo