私のモラハラ夫 Vol.11

「君は、僕のペットだよ」24時間、監視しようとする夫。そこから抜け出した妻の、一夜の逃走劇

可憐な妻と優しい旦那。

わたしたちは、誰もが羨む理想の夫婦だったはずなのに。

若くして結婚し、夫の寵愛を一身に受ける真美・27歳。

鉄壁で守られた平穏で幸せな生活が、あることをきっかけに静かに狂っていく。

そしてやがて、気付くのだ。この男が、モラハラ夫だということに。


優しく穏やかなはずの夫・陽介が、ある夜から少しずつ変わっていく。

金銭的援助を盾に、ますますエスカレートする陽介のモラハラ。そんな中、父親の治療費について心配はいらないと聞き、安心した真美は、とうとう夫と戦うための準備を始めることにして…


「…本当に君は、理解が遅いよね。僕がわざわざ一緒に行ってあげるっているのに、何様のつもり?とにかく、明日の外出は不要だからね。」

ーうん、ちゃんと録れてる。

ピッ。

不機嫌な様子で出社していく陽介を見送ったあと、真美はこっそり録音していた昨日のやり取りを確認した。 ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
のんびり鍋パしてる場合なの?笑
すぐに区役所のDV相談へ行ってシェルターに非難して、公的に守ってもらうのが先でしょー。
2019/02/14 05:1399+返信19件
No Name
ペット発言のおかげで、確信をつくような証拠が撮れた。よかったじゃない!真美、それ持ってタクシーに乗って警察に行くのかと思えば、なんと鍋パ…。
2019/02/14 05:2099+返信7件
No Name
それってペットと何が違うのって…全然違うよ!
今回の発言はさすがにもう決定的ですね。
2019/02/14 05:0999+返信1件
No Name
えーダメだよ、すぐに警察に届けないと!
すぐに動いてくれないとしても、後々のための証拠にはなるし、
場合によっては近づいてはいけないという知らせを出してくれるかもだよ❣️
このライターさん、もうホントハラハラさせる〜
もしかして狙ってしてる?!
2019/02/14 05:1356返信2件
No Name
怖すぎて読む気をなくしてきた。
最後は救いのある結末になりますように。
それを願って最後まで読み続けます!
2019/02/14 06:0452返信1件
もっと見る ( 89 件 )

【私のモラハラ夫】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo