ようこそ、ルミ子の部屋へ Vol.6

「好きだよ。きみがいないと生きられない」男の甘い言葉に隠された嘘と、たった1つの真実とは

仕事も恋愛も、自己実現も、自由に叶えられる時代。
それでも私たちは悩みの中にいる。

東京・銀座の片隅に、そんな迷える東京男女たちが
夜な夜な訪れるバーがある。

オーナーをつとめるのは、年齢不詳の謎の美女、留美子

ヒモ男を切れない女、中原梓。32歳にして年収1,500万。さらに高学歴、高身長の「3高女」である梓は、ひょんなことから家に転がり込んできたヒモ男・柏木恒星を追い出せないことに悩んでいたが–


3高女・梓の唯一の望み


「留美子さんて、どんな悩みも解決できるんでしょ?」

銀座8丁目の路地裏、雑居ビル2階にある朱色の扉のバー「銀座Timbuktu」。成松壮太と飲んでいたところに突如あらわれたオーナーの留美子に、梓はぐっと詰めよった。

壮太の話によれば、彼女は複雑にからまった人生の悩みを驚く......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
えっ?梓さん、追いかけないの?ヒモだったから、好きだったなんてチョッとナニ言ってんだかわからない!今年も!笑
2019/01/01 05:2799+返信6件
No Name
実はお金あったけど家賃とか食費出してなかったのかな?ってとこが気になった〜
2019/01/01 06:5799+返信6件
No Name
あけましておめでとうございますルミ姐!
2019/01/01 05:2185
No Name
何でいきなり出ていったの?
2019/01/01 06:5765返信8件
あか姐
1年の始まりがルミ姐って、なんか嬉しい。今日はパイナップルですか(笑)
そして今朝のツボは「時代劇じゃあるまいし」。大岡越前、いや遠山の金さんかな。
2019/01/01 07:0950
もっと見る ( 69 件 )

【ようこそ、ルミ子の部屋へ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo